Zwiftライドレポ 『ろんぐらいだぁす!』原作者の三宅大志先生が主催のLongRiders! Enjoy Ride(D)に参加してきました!

Zwift
スポンサーリンク

こんにちは。ノブです。

12月24日(月)は聖しこの夜、クリスマスイブ。皆さんはどう過ごしましたか? 大切な家族とでしょうか? それとも気の知れた友人や恋人とでしょうか?
僕はといえば『ろんぐらいだぁす!』原作者の三宅大志先生が主催するZwiftグループライドがあることを知り、さっそくエントリー。17時から行われた「LongRiders! Enjoy Ride(D)」に参加してきました。初めてのグループライドに今からワクワクが止まりません!

LongRiders! Enjoy Ride(D)とは

『ろんぐらいだぁす!』の原作者・三宅大志先生がライドリーダーを務める、架空の島「Watopia」のコース「Volcano Flat」を舞台に4周する全長約50kmのまったり系のグループライドです。タイトルの末尾のDはライドの難易度を示していて、平均1.5~2.0W/kgペースのDは、ゆるポタレベルのライド。僕がエントリーした3日前で200名がエントリー済みでした。毎度、FORTUNAジャージがひしめくライドになるようで、今回は何人集まるのでしょうか?

LongRiders! Enjoy Ride(D) ライドレポート

開始の20分前にグループライドへジョインにしたにもかかわらず、すでに沢山の人がおりました。『ろんぐらいだぁす!』編集担当のいしこうさんがすでにスタンバっていて、三宅先生はギリギリのログインになるとのことでした。

開始10分前に三宅大志先生がご登場です。先生の参加にテンションが否が応でも盛り上がります。

スタート間近。

さあ、スタートです。FORTUNAジャージのアバターが一斉に走り出していきます。すげぇ。

三宅先生はグループリーダーの黄色の矢印アイコンが点灯している下にいて、全体の流れの調整役になってくれています。

そして、編集担当のいしこうさんがしんがり。後ろから参加者の走りをサポートしてくれていました。

なるべく先生の近くを走るようにしているのですが、先生の周辺はとにかく人が多い。

重くて処理落ちする人もちらほら。なんせ今日は総勢680人もの大グループライドとなっているのですから、仕方ありません。

なかなかペースを合わせるのって難しい。気が付いたら先頭にいたり、最後尾にいたりします。

それでもなるべく先生と走れるようペースを合わせて、走って行きます。

先生の近況報告を聞いたりしていると、いつの間にか最終ラップに入っていました。時間の流れが早すぎる気がします。

1時間半走ったはずなのに、本当にあっという間でした。三宅先生からご挨拶。

「おれ様でしたー」と表示されていますが、「お疲れ様でしたー」の表記落ち。スマホアプリ側のチャットは化けないのに、Zwift本体のチャットは法則不明の漢字落ちをするのです。

目の前のゲートをくぐるとゴールです。終わりたくないっ。

ゴール。しばらくの間、1時間40分走ったとは思えないくらい体が軽くてまだ走れそうな余韻に浸っていました。

参加し終えて

総勢680名の大所帯で走ったせいか、同じところを4周するだけなのに、むしろ終わるのが寂しくなるくらいに楽しい時間を過ごすことができました。三宅先生から来年の『ろんぐらいだぁす!』に関するアナウンスがあったりと、ファンにはたまらないサービスがあったりして、ぜんぜん飽きない。
唯一惜しむらしくは、声優さんによるガイドアナウンスがなかったことでしょうか。でも、それすら気にならないほど充実していました。
三宅先生、いしこうさん、グループライドを企画していただきありがとうございます。次回もあれば是非参加したいと思いますので、よろしくお願いします。
以上、Zwiftライドレポでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました