【105日目】乗鞍スカイラインをヒルクライムし長野県へ!

こんにちは。ノブです。

日本一周自転車旅105日目は乗鞍へ。スカイラインから畳平を目指します!

本日のルート

Relive ‘日本一周自転車旅105日目’

Garmin Forethlete230J 走行データ

旅レポ・フォトギャラリー

ゲストハウス月家を出発

今日は乗鞍へ向かう日。ですが、高山市の朝の天候は曇り。

天気予報では晴れるらしいので、乗鞍へ向かうべく準備を整えます。素泊まりだと菓子パンの絵になるけど、単にコーヒーが飲みたいだけです。コーヒーに合うお握りがあれば食べたい(笑)

準備を整え、外に出ると晴れてくれていました。午前7時半に出発です。

高山市を抜けるのに宮川沿いを散策しつつ走っていると、朝市が行われていました。こうした活気のある朝はいいですね。

乗鞍スカイラインへ向けて国道158号線を登る

中心部を抜けて、乗鞍へ向けて舵を切ります。

道中にあったローソン高山丹生川町店。どうやら岐阜側から登る場合、ここがラストコンビニになりそう。

これまで水をボトルに入れていましたが、乗鞍に向けスポーツドリンクも調達。スポーツ羊羹などの補給食もあるのでハンガーノックにはならないと思いますが、万全の準備で向かいます。

乗鞍スカイライン入り口の県道5号線までは国道158号線を登っていきます。序盤は緩め。

標高も1000mを超えました。乗鞍を前に少しずつ足が削られていく。

ほおのき平駐車場へ立ち寄り、トイレ休憩。ここは乗鞍へのバスが出ている場所。自販機もあるので減った分を足しておきます。

乗鞍スカイラインヒルクライム

乗鞍スカイラインへ向かう県道5号線との分岐点です。マイカー規制はここから少し登った先から。

この序盤がキツかった。斜度10%は確実にある感じです。

序盤の約2~3kmで足をガッツリ削られて、スカイラインのマイカー規制区間入り口へ。ここで係の人に出身地と岐阜に戻ってくるか長野側に下るかを聞かれます。エコーラインも見ておきたかったので長野側と伝えました。

マイカー規制区間から先もそこそこキツいですが、序盤に比べれば緩い。

10%くらいのキツい区間と5%前後の緩い区間が交互にやって来る感じですね。もう亀のような遅さで登っていたので、後ろから登ってくるロードバイクに2台追い抜かされました。流石は乗鞍。平日でも登る人いるんだな。

標高が上がるにつれ、高地であることから息がしづらくなってきます。意識的に多く酸素を取り入れるように呼吸しながら登っていきました。

晴れていた天気も中盤から後半にかけて曇ってきました。

登ってきた先を見ても、靄ってて何も見えません。完全に雲の中です。こんな状態でも観光バスが定期的に通るので、前照灯と点灯させ、ヘルメットの尾灯も点滅状態にしておきました。

森林限界の絶景があるはずなんですが。今日はもう諦めた方がいいですね。

13時に畳平に到着です。足はもう完全に売り切れました。疲れたぁ。

乗鞍畳平

乗鞍畳平、ここには去年の10月に訪れて以来です。

記念撮影できる箇所がいくつかあります。まずは鶴ヶ池。畳平の窪地にあるカルデラ湖らしいですね。

トレッキングに来たご年配の方に写真を撮っていただきました。

ご年配の方が「こっちでも撮ろう」と鶴ヶ池近くの撮影ポイントへ案内してくれました。

さらにもう1箇所。標高が書かれているところへも。本当にありがとうございます。

ご年配の方と別れ、少し奥へ。ここも撮影ポイント。去年もここで写真を撮りました。

乗鞍本宮 中之社。本宮はここから1時間半ほど登山した先の剣ヶ峰にあるそうです。自分の足では登山はキツいのでここで日本一周の無事を祈願。これから長野側へ下るときに事故の無いように。

畳平には食事やお土産屋があります。お昼を過ぎているので、下る前に補給しておきたい。

畳平での昼食は銀嶺荘で自転車定食

昼食は銀嶺荘へ。ここは宿泊施設でもあるので泊まりたかったですが、満室でした。

2Fのレストランへ。

ありました。自転車定食。ここに来たら食べておきたい。

ミニステーキとハンバーグが選べるのでステーキにしてみました。

去年訪れた時はミニハンバーグにしましたが、ステーキの方が美味しいかも。

食事を終えて1Fの売店を少し見て回ります。会計のカウンターにロードバイクのミニチュアがありました。こんなのどこで売ってるのだろう。欲しい。

到達証明書を300円で購入。渋峠のコンパクトな証明書を期待していたのですが、B5サイズはちょっと大きい。

魔王岳登山

乗鞍へはこれで二度目。ですが、まだ一度も登山をしたことがなかったので、一番簡単そうな魔王岳に登ってみたいと思います。

登山というべきか階段を上るだけで着いてしまいます。SPDシューズでもできるお手軽登山です。

でも、その恩恵はこの通り。畳平を見渡すことができます。

スカイラインの道路も綺麗ですね。

乗鞍エコーラインダウンヒル

さて、けっこうのんびりしてしまったので、そろそろ下りの準備。アクエリアスといろはすが同じ値段でした。ここだと水も貴重ですね。

帰り際にフォロワーさんと遭遇。記念撮影です。応援されるのはとても有り難いです。

長野県へ。エコーラインを下っていきます。

下りはじめて数分で日が差してきました。

こちらはまだ雪も残っています。

大雪渓の前で記念撮影。自転車とスキーヤーとのコラボです。

7月後半なのにスキーができるなんて凄いな。

大雪渓でもフォロワーさんと遭遇。乗鞍は自転車乗りの聖地。1日でふたりの方に出会えるなんてラッキーです。

さらに下って位ヶ原山荘へ。ちょうど休んでいた方に記念に撮ってもらいました。ありがとうございます。

ここに来たのはお汁粉を食べるため。去年登った時はお休みだったので初お汁粉です。

窓際の席。この椅子の雰囲気は『ろんぐらいだぁす!』で見覚えがあります。

そして、念願のお汁粉。ちょっと甘めな感じが疲れた体にはちょうどいい。

ダウンヒルを再開した道中で声をかけられました。今日は応援してもらってばかり。モチベーションになりますね。

松本市まで走り、山賊焼きと信州蕎麦

延々と下って松本市までやって来ました。道中のトンネルはやはり怖かった。写真を撮る余裕もなくひたすらに漕ぎました。たぶん二度と自転車で通ることはないだろうな。

晩ご飯は美味しいと評判の高橋食堂へやって来たのですが、残念ながらお休み。

中心部は人と車が多かったのでちょっと離れて漫画喫茶に向かう途中の『榑木野別館 食楽酒楽』へ。

山賊焼丼と信州蕎麦のセットです。どちらも長野県の名物。一度に食べられてお得です。

山賊焼が丼になったことでボリューミーで満腹になりました。

あっさり目な信州蕎麦が山賊焼きのこってり感を和らげてくれます。こちらも美味しかった。

自遊空間松本インター店へ

自遊空間松本インター店へやって来ました。松本にも快活CLUBがあるのですが、シャワーがないようだったので、今日はシャワーのある自遊空間です。

フラット席も確保。最近、快活CLUBの個室を利用していたので狭く感じますね。でも寝られるスペースがあれば十分です。今日はここでゆっくり体を休めます。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク