KhodaaBloomオフィシャルサイトにインタビュー記事が掲載されました!
当サイトには広告が含まれます

【ブルベ】2024BRM413東京400ぐるっと伊豆イチ【準備編】

Thumbnail Report Brevet 2024brm413tokyo400 Preparationブルベレポート

こんにちは。ノブです。

2024シーズンブルベもすでに4本目。今回はランドヌール東京の400kmブルベ、ぐるっと伊豆イチにエントリーしました。

どちらかと言うと400kmは苦手ですし、アップダウンの激しいルートとなるとさらに苦手です。なので、準備万端にして走りたいなと思います。それでは準備編からスタートです。

2024BRM413東京400ぐるっと伊豆イチ

概要
  • 開催日:2024年年4月13日 (土)
  • スタート時刻:6:00
  • スタート地:川崎市(キューシート参照)
  • ゴール地:川崎市(キューシート参照)
  • ゴール受付:Bフォームより認定申請のこと
  • 距離:400km
  • 制限時間:27時間

コース概要

まずはいつものコースで熱海まで走って足慣らし。そこからがお楽しみの伊豆イチの始まりです。アップダウンが続きますが登った先には南伊豆、西伊豆の絶景がまっておりますのでお楽しみに。

出典ランドヌール東京

ランドヌ東京独自ルールについて

各地で独自ルールを設けているブルベですが、ランドヌ東京にも独自ルールがあります。詳しくはこちらから。

ランドヌール東京新BRM運用に対応する

コロナ禍の特別ルールN2BRMが廃止されたことで、ランドヌール東京では2023年1月のブルベから新しいルールで運用されています。

ただ、他の団体のブルベとはBRMの運用が少し違うので、事前に独自のやり方をチェックしておく必要があります。

2023年1月以降のランドヌ東京のBRM運用について
はじめに2023年1月以降のBRMは出走時間を固定し、従来(N2BRM以前)の方式で実施します。車検等のスタート手続きは対面で行いますが、感染症拡大防止のため、極力接触のない形で実施します。以下、ご確認ください。TOPIC - 1 スター

ブルベカードの印刷

まずはブルベカードは所定のURLから各自でダウンロードして印刷。その後、受付番号を記入します。濡れるとマズイものなので、100均のチャック付きポリ袋に入れ、さらに財布代わりにしている防水ライドポーチに入れておきます。また、紛失に備えて予備も1枚印刷。そちらはサドルバッグの奥に忍ばせておきました。

Bフォームから前日受付

また、ルール変更前と同様に前日受付が必須になっているので、指示されたURLのBフォーム(旧リモートブルベカード)にて前日受付を実施しました。

氏名など必要事項の入力、自主車検チェックといった情報を入力して前日受付を済ませておきます。

完走計画

コースプロフィール

コース概要のとおり、スタート地点から熱海市までは伊豆半島へ向かうランドヌール東京のド定番ルートです。何も見なくても走れるくらい、本当に様々なブルベで使われています。

そこから、伊豆半島を反時計回りに一周。再び定番コースに合流して帰ってくるという、とてもシンプルなルート構成になっていました。そのため、ランドヌール東京のブルベの中でも分岐が少なく、Qシートの行数も400kmにしては少なめです。

このコースの一番の難所は、やはり伊豆半島でしょう。高低差の大きなアップダウンが多く、とにかく疲労を溜めないよう淡々と走ることを心掛けたいと思います。

ですが、伊豆半島は景勝地も多く、晴れていれば富士山も見られます。伊豆半島をぐるっと回るのは久しぶりなので、景色を存分に楽しみたいですね。

ご当地グルメ

伊豆半島に行くのなら、ご当地グルメも外せません。

125km辺りの沼津市でお昼時になるので、そこが昼食エリアとなりますね。せっかく沼津まで行くので、海の幸を食べたいところです。

また、夕飯は下田市まで行けばお店が多く、時間帯としてもよさそうです。

235km地点に『道の駅開国下田』があって、回転寿司屋が20時半まで営業しています。夜なので地のものが並んでいるかは分かりませんが、金目鯛があったらぜひ食べたいですね。

当日の天候について

開催日の4月13日(土)、14日(日)の天気は晴れ時々曇り。最高気温は20度を超えますが、最低気温は10度前半となっています。寒暖差による汗冷えが心配ですので、防寒対策は必須ですね。

14日の神奈川県の天気

また、当日は東からの風が吹きます。風速はそこまで高くないのですが、行きは走りやすそうですし、帰りの道のりもそこまで苦ではなさそうです。

仮眠は?

毎回、400kmは一泊せずに走りきっているので、宿は取りません。想定では、経過時間が24時間前後で完走できる見込みでいます。

そのためには、数日前から早寝早起きで体内時計を朝方に合わせておき、当日は十分な睡眠を取った万全の体調で挑むことにしています。

ただ、眠気を感じたら公園のベンチなどで仮眠を取るつもりです。無事にお家に帰ることが何よりも大事ですから。

今回の装備について

これらの事前調査を踏まえ、装備を選定していきます。

ロードバイクはKhodaaBloom Strauss Pro Race2。タイヤはGrand Prix 5000(28C)で、空気圧は5.5Barに下げて運用しています。

自転車に取り付けるパーツ類ですが、新たなロードバイクでも基本装備は変わりません。ハンドル回りはレックマウント、バイクパッキングはR250で固めています。

ハンドル周りはレックマウントを移植。そこにGarmin Edgeと拡張バッテリー。吊り下げ式のダブルライト(RN1500、VOLTNEO800)です。リアライトもCATEYEのTIGHTを移植しています。

続いて衣類についてです。

寒暖差と汗冷え対策は必須。スタートは昼に向けて暑くなるので、ベースレイヤー、春夏用の長袖インナー、春夏用サイクルジャージの3枚構成。夕方からはインナーを冬用の長袖インナーにする予定です。

下半身は春夏用サイクルパンツに、レッグカバーで保護。

グローブは指ぬきグローブがメイン。念のため、春秋用のフルフィンガーグローブも持っていきます。

雨対策については特になし。モンベルのU.L.サイクル レインジャケットを持参しますが、防寒具として持っておくだけです。

また、常備薬として胃薬は必須。負荷の高いコースは胃を荒らしてしまうため、定期的に飲むようにしています。

以下に今回の装備リストを掲載。テンプレートは東京⇔大阪キャノンボール研究からダウンロードしました。ばるさんの書く記事は分かりやすくまとめられていて、いつも参考にさせていただいています。

以上が準備編。次回から走行レポートに入りたいと思います。

ブルベレポート
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事をシェアする
この記事を書いた人
ノブ

ろんぐらいだぁす!をきっかけに'17年春からロードバイクを始めたキャンプ、登山、サブカル好きなサイクルツーリスト。
 
ウマ娘から競走馬に魅了され、引退馬支援活動を'22年から開始。馬産地巡りが最近の楽しみです。
 
◇出身地
北海道(現在は東京都在住)
 
◇自転車歴
'19年 日本一周約1.5万km完走(172日)
'20年 ブルベ挑戦
'20~'23年度SR獲得
'23年 PBP完走(86時間49分)
 
◇所有自転車
KhodaaBloom FARNA 700-105
KhodaaBloom STRAUSS PRO RACE2
Birdy Standard Disc
 
◇引退馬支援活動
'22年~NPO法人引退馬協会のFP会員。タイキポーラ、ナイスゴールドの2頭を支援中。
 
  
フォローはこちらから▼

このブログをフォローする
ツール・ド・気ままに

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。