Zwiftライドレポ『Tour de Zwift – Stage 8 (B)』はロンドン五輪コース『ボックスヒル』へ!

こんにちは。ノブです。

Zwift最大の祭典『Tour de Zwift』も残すところあと2つ。第8ステージとなりました。今回は、再びロンドンを走ります。

Tour de Zwift とは

1月3日~1月31日まで行われるZwift最大のサイクルイベントで、Zwiftに存在するすべてのエリアを走り渡りながら、全9ステージで開催されます。9ステージすべてを完走すると「TOUR DE ZWIFT」キットがアンロックされ、記念ジャージを手に入れることができます。ちょうどお正月明けから行われるので、年末年始で飲み食いした体をシェイプアップするにはもってこいなイベントです。

【??Tour de Zwift ステージ8??】

◆26日14:00〜28日13:00まで開催!

やっとステージ8までたどり着きましたね。

舞台はふたたびロンドン。コースは市街地をぐるりと周り、2012年ロンドンオリンピックの自転車競技ロードレースでもコースの難所であったボックスヒルでのクライムでフィニッシュ。

本ツアーの最終2ステージはどちらも脚力が試され、もうひと踏ん張りが求められますが、アルプスを登り切ったあとなら、ボックスヒルはちょっとした段差のように感じられるかもしれませんね!

-コース詳細-

◆グループA(長距離)
1週の距離: 39.6km
1周あたりの獲得標高: 440m
周回数: 2.5
ウォームアップの距離: 0km
ウォームアップを含む合計走行距離: 39.6km

◆グループB(短距離)
1週の距離: 24.7km
1周あたりの獲得標高: 440m
周回数: 1.5
ウォームアップの距離: 0km
ウォームアップを含む合計走行距離: 24.7km

◆グループC(女性限定)
1週の距離: 24.7km
1周あたりの獲得標高: 290m
周回数: 1.5
ウォームアップの距離: 0km
ウォームアップを含む合計走行距離: 24.7km

ステージ8のスケジュールはこちらからチェック
?https://zwift.com/events/tag/tdzstage8

出典:Zwift Japan Facebookより

Tour de Zwift – Stage 8 (B)走行ルート

Garmin Connect 走行データ

Zwiftライドレポ・フォトギャラリー

第8ステージの舞台はロンドン。出発点は第3ステージ同様にロンドン塔前です。

まずはロンドン市内を西へ。

テムズ川沿いを走って行きます。

トラファルガー広場でビッグベンのあるホワイトホール通りへ抜けていきます。

ランベス橋を渡ってテムズ川の対岸へ。

ロンドン名物の地下鉄へ入り、郊外へ。

第8ステージは、ロンドン五輪自転車ロードレースのコースとなったボックスヒルを登ります。

登坂距離2.2km、平均勾配7%のヒルクライムです。

九十九折りの丘をギアを軽めにして登っていきます。

ボックスヒルの頂上へ到着。

ボックスヒルを登り切った先は、ダウンヒル。フォックスヒルを下ります。

地下鉄道に入ってロンドン市内へ。

地下鉄改札前の登りがキッツい! うっかりそのまま突っ込むと痛い目を見ます(笑)

再びのロンドン市内。意外とアップダウンが多いんですよね。

テムズ川沿い。左手には、2000年記念事業で建設された観覧車ロンドン・アイがライトアップされていました。

再びランベス橋を渡って対岸へ。

1周目と同様地下鉄を抜け、再びのヒルクライムコースです。さあ、次はどの丘を登るのかな?

ボックスヒルのお代わりでした(笑)

ボックスヒルのお代わり、いただきます!

ふう、ボックスヒルクリア! 残りは200mです。

ゴール……、かと思いきや。

ステージ8のゴールは山岳ゴールの少し先にありました。紛らわしい(笑)

所要時間は48分。無事、ステージ8も完走できました。

Stage 8を走り終えて

ロンドンは観光名所ありヒルクライムありで、相変わらず走っていて楽しいコースばかりです。ステージ8もそれを上手く取り入れていて、ロンドン五輪コースのボックスヒルのお代わりまであるサービス満点のコースでした。個人的には前日に190kmほど外を走っていたので、筋肉痛でボックスヒルの2本目がキツかったです(笑)
Tour De Zwiftも残すところ、あと1ステージ。最後まで走りきって、記念ジャージを手に入れたいと思います。

以上、Zwiftライドレポでした。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク