【12日目】本州最南端から白浜観光して和歌山市内まで

こんにちは。ノブです。

11日目は紀伊半島の本州最南端の町、串本町を目指したライドでした。
12日目は紀伊半島の本州最南端からスタートし、北上していきたいと思います。

本日のルート

Relive ‘日本一周自転車旅12日目’

Garmin Forethlete230J 走行データ

旅レポ・フォトギャラリー

潮岬望楼の芝生キャンプ場の朝

久しぶりのビールの影響か、ブログ執筆の目処が付いたところで目を閉じるとすぐに落ちました。ただ、地面がほんの少し斜めになっていたようで寝付きが浅く、体がキシキシと軋みます。

昨日は到着が夜だったから分かりませんでしたが、芝の綺麗な場所ですね。

朝食は昨日スーパーで買っておいた菓子パンです。見切り品だったので安かった。

本州最南端からスタート

午前7時過ぎにスタート。キャンプ場のすぐ近くに本州最南端の記念碑があったので、記念撮影です。

潮岬から国道42号線へ。前半は距離の短めなアップダウンが続いていきます。

下りの先で海岸線沿いを走るというのを繰り返していく感じです。

そして、1つの町に1~2箇所、道の駅が存在しています。10数キロおきに1つある感じです。こちらは道の駅すさみ。最南端から北上すると、コンビニは少なく道の駅があることが旅の助けになっていると感じられました。

世界遺産の熊野古道 長井坂

紀伊半島の西側でも熊野古道が見られるようです。

その一つ、長井坂が国道沿い100m先にありました。出発から2時間ほど走ったのでちょっと足休めに覗いてみたいと思います。

ええと……。これが道? 大辺路というからにはもっと大きい道を想像していました。実際は人ひとりが通れるくらいの狭さで、そしてとても険しい。

白浜へ向けて走る!

長井坂を見学後、道の駅イノブータンランド・すさみを発見。もしかしてイノブタの丼とかあるのかと立ち寄りましたが、売店も何もない休憩所でした。

海岸線沿いは入り組んだ地形が多く、カーブでその先が見通せる。似たような景色が続きちょっと疲れが。

念のため朝食用の菓子パンを残しておきました。小まめに糖分補給してハンガーノック対策です。

午前10時、白浜町へと入りました。といっても観光地の白浜まではまだ距離があります。

白浜町へ入って15分ほど走ったところで道の駅『志原海岸』があったので立ち寄りました。

手作りパンのお店で3種のチーズピザを購入。チーズの塩気が程良く美味い。日差しも強くなり汗ばむようになってきたので、ボトルの水も追加しました。

道の駅『志原海岸』を出発。再びアップダウンの繰り返し。何となく今日の獲得標高、以外と高いんじゃないかと思うようになってきました。

午前11時。ようやく白浜が見えてきました。あと少し。

標識に白浜が現れ、左折かぁと思っていたら自動車専用道路で、1本先の道を曲がりました。

白浜先端へ向かう直線の登り。ひと踏ん張りですね。

観光地がいくつかあるようで、近くからいくつか見てみたいと思います。

白浜を散策 三段壁

白浜へやってきてまず最初に訪れたのは三段壁。観光客の方が写真を撮ってくれました。

迫力のある断崖絶壁です。50mくらいはあるでしょうか。

白浜を散策 千畳敷

続いて訪れたのは千畳敷です。

なんだか岩肌が不思議な色彩。スターウォーズやドラゴンボールの辺境惑星を思い浮かべてしまいました。

景観が台無し。今回の旅ではSPD用のクリートカバーを用意しましたのでこうした場所も傷付けず歩けます。ただあまり強度がないようでそろそろ穴が空きそうです。

白浜を散策 白良浜

そして、白良浜へ。

一面が真っ白な砂浜。なんでここだけ白いのかなと調べてみたら、元々白かった浜が開発で痩せてしまい、オーストラリアから砂を輸入して養浜したらしいです。

わくわく市場で踊りダコを食す!

白浜を離れて国道42号線へ。お昼を過ぎていたので少しお腹に入れておきたい。『とれとれ市場』という大型施設があったので立ち寄りました。

踊りダコというたこ焼きがあったので、購入してみました。

イイダコがまるまる入ったたこ焼きです。イイダコはぷりぷり、中は熱々でトロトロ。美味しかったけど口の中を火傷するくらい熱かった。

国道42号線をひたすら北上

お腹を満たし北上。和歌山まで100kmを切りました。今日はどこまで行けるかな。

午後になると風も強くなり、平坦で巡航速度が20km/hを切ることも。向かい風にぶつくさ文句を言いながら進んでいました(笑)

15時40分。御坊市へ。さらに進み、市街地に入ると道が悪かった。ところどころで縦に細い亀裂があって、気を付けて走っていたにもかかわらず、2度タイヤが亀裂にはまり、ハンドルを取られそうになりました。どちらも落車は免れましたが、車がいなくてよかったと思える事態でした。

16時半。本日の宿をどうしようかと市内のローソンで休憩。この辺りは道の駅も漫画喫茶もない。和歌山市まで走れば漫画喫茶があるようです。有田でみかんの丘をヒルクライムしたかったのですが、到着しても暗闇をヒルクライムしそう。どうせなら明るい時間がいいので、和歌山市を拠点にして明日に有田でヒルクライムすることにしました。
そうとなれば補給。約50kmあるのでアミノ酸やクエン酸で体を回復できるようにしておきます。

御坊市を抜けて登りに入り、17時過ぎに由良町へ。

下って再びの登り。今度は山越えです。有田が近いのか、もしくはもう入ったのか不明でしたが、有田みかんの直売所が点々と現れるようになりました。

100円のみかんがある。購入してみました。

小ぶりでしたが酸味と甘みが丁度いい。個人的に酸味強めなのが好きなので人によっては酸っぱいかも。

山越えを終え18時。有田へと入りました。

陽が落ちていく。急がねば。この頃になると風も弱まり、アミノ酸とクエン酸を補給したせいか足が回る。巡航速度が30km/hまで上がり一気に和歌山市まで駆け抜けてしまいました。

宿泊地は快活CLUB和歌山国体道路店

和歌山市へ入ってしばらく走り、19時50分。宿泊地は快活CLUB和歌山国体道路店へ。

いつの間にか、180kmも走ってしまいました。普段なら気にしない距離ですが、日本一周自転車旅を完走するには足に負荷をかけない方がいい。それとナイトライド。パニアバッグがあるから自分も車も気を付けて走っていたように思います。尾灯や反射板を多めにしているとは言え、ナイトライドは軽装時よりも危険な感じがしましたので、今後はよっぽどのことがない限り自重し、近くに道の駅や漫画喫茶がなければ高くてもホテルに入ろうと思います。

お気に入りになったフルフラットシートも確保。これで休める。

漫画喫茶の食事って前から気になっていたのですが、物は試しとトルコライスを注文してみました。ご飯ものとパスタ、お惣菜系が一度に試せる。
味は、うん美味しい。どこかで食べたことのある懐かしい感じです。これはこれで悪くはないですが、せっかくの旅なのでご当地の名物をなるべく多く食べたほうがいいかな。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. みじぴん より:

    GARMINのデータが凄すぎて、記事の内容が半分しか頭に入ってきませんでした。
    (@_@;)
    フルパッキング車両の値じゃないです。
    でも、三段壁のお写真の太もも見て納得しました。
    今日も旅のご安全を、お祈り申し上げます。

    • ノブ より:

      ええ、ちょっとやり過ぎました。
      継続して走る旅では、蓄積される疲労が違ってくると思いますので、普段のような走りは控えようと思います。
      ありがとうございます。まずは無事に完走することを第一に走りたいと思います。

  2. フウ より:

    昨日はかなりの距離を走りましたね!
    三段壁に千畳敷、素晴らしい絶景ですね(^^*)

    • ノブ より:

      ちょっと走り過ぎた感がありますね。疲れを次に残さないためにも少なめの距離に抑えようと思います。
      白浜はなかなかに絶景揃いでした。景色を楽しむのも旅の醍醐味。他にも色々と見て回りたいと思います(^^)