【旅13日目】有田でフルジェルと千葉山ヒルクライム!そして大阪府入り!

日本一周
スポンサーリンク

こんにちは。ノブです。

日本一周自転車旅12日目は紀伊半島を最南端から北上。和歌山市までの約180kmを走行する、久しぶりの長距離走行となりました。
13日目は、通り過ぎてしまった有田へ戻り、『和歌山のラルプ・デュエズ』こと千葉山(みかんの丘)をヒルクライムすることにしました。

本日のルート

Relive ‘日本一周自転車旅13日目’

Garmin Forethlete230J 走行データ

旅レポ・フォトギャラリー

快活CLUB和歌山国体道路店での朝食

もはや、この旅で定番となりつつある快活CLUBの無料モーニングです。トーストとソフトクリームの組み合わせは鉄板。結局、トースト、ソフトクリームはお代わりしました。

準備を整え、午前8時前に出発です。

有田に向け出発

今日の最初の目的地は有田市。昨日、通った場所です。来た道を戻るのは不思議な感じ。

昨日はこの先の橋を渡ってきたのですが、今日は橋の左脇の道へ入り有田川の右岸側を進んでいきます。

しばらく道なりに進んでいくと線路の見える分岐路があり、左へ向かい線路を渡っていきます。

草和果樹園でフルジェルを購入

線路を渡った先の最初の立ち寄り場所は草和果樹園さんです。

直売所を覗いてみました。

あったあった! フルジェルです。これが欲しかった。そう思っていると店員さんから、フルジェル以外にも商品の試食を勧められました。おふくろスムージーや味一ジュレなど食感の違う商品を味わうことができ、普通に観光で寄っていたらまとめて買っているかもと思うくらい美味しかった。

他にも色々なみかんを使った加工品が並んでいます。商品の色合いのおかげで店内がオレンジ色となって鮮やかでした。

千葉山ヒルクライム

時刻は午前10時。草和果樹園を出てさらに東側へ進みました。千葉山(みかんの丘)へ続く看板が見えてきました。

先ほどの看板から路地へ入り、まずは民家の間を抜けていきます。

案内板がある。ここが始点でしょうか。千葉山の頂上まで登っていきたいと思います。

最初から斜度がある。体感的に8%以上。意外とキツい坂なのかも、と今さらながら思い始めました。

序盤をクリアすると、そこから若干のゆるめの坂へ。辺りはみかん畑ばかりなのでキツい斜面を移動するモノレールの農耕機具が至る所にありました。

つづら折りがいくつもあり、高い木々が存在しないため、通ってきた道路が見えますね。

つづら折りをクリアするごとに標高が上がっていき、見える景色も変わっていきます。綺麗なのですが、ところどころで体感で10%前後が出てくるのでキツい。

また一つ、また一つとつづら折りを越えていきます。

素晴らしい景色ばかり。写真を撮ってばかりなのでなかなか先に進めません(笑)

綺麗なつづら折りです。

登り始めて25分ほど。みかん畑がなくなって徐々に木々が生い茂り、景色が見えにくくなってきました。

なのに相変わらず斜度はけっこうキツい。斜度が上がるにつれ荷物の重さに引っ張られる感じです。荷物さえなければ楽なんですが(笑)

みかんの丘の記念碑の前を通過。

通過直後に残り4kmの表示が。景色が見えなくなっているのに……。ご褒美なしで4kmですか……。

そこからは黙々と坂を登っていきます。

頂上にある風車もかなり近くなってきました。もう少し。

頂上へ到達! 疲れた。なかなかに登りごたえのある坂でした。

風車を見上げながら、フルジェルで祝杯です。『和歌山のラルプ・デュエズ』堪能することができました。

千葉山をダウンヒルして和歌山市へ向かう道中、赤信号で停車していると隣の車からみかんゼリーの差し入れをいただきました。小さくて食べやすく補給にぴったり。ありがとうございます。

お昼は和歌山ラーメン

再び、同じ国道42号線を辿って和歌山市へ入る直前、和歌山ラーメンのお店『楠木屋』を見かけました。丁度13時過ぎとお昼に持って来いな時間。

お腹も減っていたので大盛の大そばを注文。サイドメニューの寿司?

寿司がありました。和歌山ラーメンの特徴の一つだそうです。待っている時間に食べたりラーメンと一緒に食べたりと自由。

そして、和歌山ラーメン。濃い色合いですがけっしてクドくはなく出汁も効いていて美味しい。麺は細麺でした。

大阪府入り!

ラーメンを食べてまんぷくになったので一路大阪へ。

和歌山城の近くを掠めていきました。

おっと、自転車通行禁止。別の道を探します。県道752号線と15号線の2つで自転車が通れず……。和歌山から抜け出せない。

国道26号線ならどうだ! Oh……。

側道から登ることができました。よかった。

紀ノ川を渡っていきます。時刻は15時です。

紀ノ川を渡り、大阪府へ抜けられる県道752号線へ。県境を前にしてローソンで休憩。どうも足が重い。昨日の疲れか、それとも今日の千葉山ヒルクライムか。30分ほどローソンのカフェ席が休んでいました。
その間に今日の宿をチェック。快活CLUB泉佐野店が約30km先にありました。今日はそこを宿としましょう。

ライドを再開し大阪へ向かう道中はゆるい登り。それもすぐに終わって16時半大阪府入りです!

快活CLUB泉佐野店で一泊

孝子峠のダウンヒルを終えたあとはほぼ平坦。

あとはひたすら泉佐野市を目指します。

18時に泉佐野市の快活CLUBに到着。今日は暗くなる前に辿り着けました。ただ今入ると12時間パックで朝の6時から始まるモーニングにありつけない。ちょっと時間を潰してから入ります。

夕飯は『てこや』で豚焼き

と言うわけで、夕食は駅前にあった『てこや』です。周辺は飲み屋ばかりで自転車だと入りにくかったですし、他のお好み焼き屋を探し回ったのですが、すべて18時くらいで閉店していて他に選択肢がありませんでした。

豚焼きをその場でいただきました。日本一周大阪編最初の粉モンはお好み焼きです。ソースとマヨネーズの安定の美味さ。ペロリといただけました。

夕食を終え、再び快活CLUBへ。自転車は駐輪場にダブルで地球ロック。そして100均で購入したバイク用のシートを被せました。これは以前お会いした日本一周チャリダーの方のアドバイスを参考にしています。

フルフラットシートも確保でき、ゆっくりできます。ここは無料シャワーとコインランドリー(洗濯300円、乾燥100円)も付いている至れり尽くせりな漫画喫茶。しっかりと休んで明日に備えたいと思います。

コメント

  1. みじぴん より:

    千葉山が素晴らしいです。
    Twitterで紹介して頂いた瞬間、もう、仕事放り出して登りに行きたくなりました。
    旅のノウハウもそうですが、ノブさんの冒険に触発されている人、何かできるのではないかと可能性を見つけた人は自分だけでは無いと思います。

    • ノブ ノブ より:

      もったいないお言葉です。僕の旅が人の心を動かしているならこの上ない喜びです。

      千葉山の景色はとても素晴らしかったですよ。
      絶景好きなサイクリストには是非登って欲しいと思います。

タイトルとURLをコピーしました