ロングライドにおすすめのケーブル内蔵モバイルバッテリーのインプレ

こんにちは。ノブです。

出先で困ることの一つに、モバイル端末のバッテリ切れがあります。そうしたときに備え、皆さんもモバイルバッテリーを1台は携帯しているのではないでしょうか。
僕は、Tindon というメーカーのモバイルバッテリーをロングライドのときに使っているのですが、8000mAhと大容量ですが価格が2000円台とコスパがよく、ケーブル内蔵で持ち運びも楽で便利なため、皆さんにもぜひご紹介したいと思います。

Tindonモバイルバッテリー

インプレ・フォトギャラリー

本体・付属品の紹介

まずは、本体と付属品のご紹介です。収納袋と取説の他に、Type-Cケーブル、マイクロUSBをLightingケーブルに変換するコネクタが付属します。変換コネクタは本体に格納可能です。

本体裏面です。縦10.0cm×横6.0cm×高さ1.0cmとコンパクトサイズでありながら8000mAhと大容量です。質感もよく丸みのあるフォルムも手に馴染みます。

重さは151g。スマートフォンと同程度の重さです。

取り扱い易い内蔵ケーブル

側面を拡大したところ。ここにケーブルが格納されています。

取り外すと、マイクロUSBケーブルが出てきます。本体側面左にUSBコネクタがあり、右側に付属のLightingケーブル変換コネクタを格納するスペースがあります。

Lightingケーブル変換コネクタをマイクロUSBケーブルへ挿せば、Apple製品の充電が可能になります。

このように付属のType-Cケーブルを組み合わせれば、同時に2台の急速充電が可能です。

スマホとの相性良し。ケーブルの長さがちょうどいい

僕が持っているiPhone6Sとサイズを比較してみました。横幅はほぼ一緒。縦幅は2/3くらいです。

充電時はこうして重ねてベルクロや輪ゴムで止めて、サイクルジャージの背中のポケットに入れています。ケーブルの長さが絶妙で、邪魔になりません。

このアイテムを使って走ったロングライド・旅レポ

便利アイテムのため、どこに行くにも持って行っています。とくに長旅ではスマホにサイコンの充電と大活躍してくれました。

GW4泊5日自転車旅の1日目のライドレポです。大田区(東京)から荒川CRと利根川CRを経由し、碓氷峠をヒルクライムして軽井沢(長野)へ。そして小諸市(長野)までの約217kmを走りました。碓氷峠の観光スポット「めがね橋」は必見です。
GW4泊5日自転車旅の2日目のライドレポです。小諸市(長野)を出発し、長野側から志賀草津高原ルートを登り、渋峠(雪の回廊。国道最高地点2,172m)を目指します。その日は約179kmを走行。渋峠で見た絶景の数々は一度訪れる価値ありです。
GW4泊5日自転車旅の3日目のライドレポです。千曲市(長野)→上田市(長野)→白樺湖→霧ヶ峰→ビーナスライン→下諏訪(長野)→韮崎市(山梨県)の約149kmを走行。連日の疲れのせいか、おやきに韃靼そばソフトクリームに五平餅とご当地グルメライドの様相を呈してきました。
GW4泊5日自転車旅の4日目のライドレポです。韮崎市(山梨県)→笛吹市(山梨)→御坂みち(山梨)→河口湖(山梨)→富士スバルライン→富士宮市(山梨)の約124kmを走行。この日のメインは富士スバルライン5合目(2,305m)まで登る約24kmのヒルクライムです。
GW4泊5日自転車旅の5日目最終日のライドレポです。富士宮市(山梨)→山中湖→道志みち→津久井湖→野猿街道→多摩川RC→大田区(東京)の約117kmを走行。出発から105時間。総移動距離は約790km。初めての自転車旅は最高でした。

関連コンテンツ



シェアする

フォローする

スポンサーリンク