ハンドライトが揺れない! BLACKWOLF自転車ライトクリップホルダー

ナイトライドでは光量があって長時間使えるライトが必須ですよね。最低でも200ルーメンで6~7時間は欲しいところです。
ブルベライダーご用達のジェントス閃が有名ですが、ネットで手頃な価格で買えるものに、Cree社製LEDを搭載したハンドライトがあります。僕も1つ持っているのですが、付属するライトホルダーが合わず、代わりにマジックテープ式のライトホルダーを使っていました。こんなやつ。

手軽に使える半面、ライトがよく揺れるため、路面が把握しづらいというデメリットがあり、これまでずっと代替え品を探していました。
そして、ようやく満足のいくライトホルダーに巡り会いました。それがこの、BLACKWOLF自転車ライトクリップホルダーです。

BLACKWOLF自転車ライトクリップホルダー

インプレ・フォトギャラリー

素材は厚紙ですが真っ黒な箱が届きました。てっきりビニル製の袋に入っているのだと予想していたので、ちょっと高級感がありますね。

開封すると、ライトホルダーと取説が出てきました。

ライトの取り付け部分はプラスチック製ですが柔らかく、ライトの幅に合わせることができるようです。

ハンドルに取り付ける部分はゴムになっていて、ロードバイクに対し傷つかないように考慮されています。

ライトを取り付けてみました。振ってみてもマジックテープ式と違いぐにゃぐにゃしません。しっかりと固定されています。

ロードバイクに取り付けて見たところ。これでナイトライドが楽しみになりました。

実際に使ってみた感想

7月3連休に2泊3日の自転車旅に出かけ、日光いろは坂や金精峠をライド中に数百メートル続くトンネルを通ったり、日没後を走ることもありました。
旅の最中は、ライトホルダーを下向きに付けて走行していましたが、ライトが落ちるようなハプニングもありませんでした。点灯中はハンドライトが揺れることなく視野を確保でき、マジックテープ式のライトホルダーとは段違いの安定性で、この商品は買ってよかったと実感できました。

7月3連休を利用し2泊3日のロングライド。自転車旅1日目のライドレポです。35℃を超える酷暑の中、東京都大田区から自走で栃木県宇都宮市まで約147kmを走りました。道の駅「西方」で食べたとちおとめジェラートと「みんみん」の宇都宮餃子は最高でした。
7月3連休2泊3日の自転車旅、その2日目です。今日は旅の目的である、ろんぐらいだぁす!に登場した栃木県の日光いろは坂ヒルクライムと中禅寺湖畔のカフェ「ユーコン」で金谷ホテルの百年カレーを食べに行きます。栃木県宇都宮市-日光いろは坂-金精峠-群馬県片品村-埼玉県熊谷までの約191kmのロングライドレポ。2日目前編です。
7月3連休2泊3日の自転車旅。2日目の後半戦では戦場ヶ原を抜けて金精峠をヒルクライム。片品村へ下った後、赤城山の麓を走る通称「根利峠」を走り、熊谷を目指します。栃木県宇都宮市-日光いろは坂-金精峠-群馬県片品村-埼玉県熊谷までの約191kmのロングライドレポ。2日目後編です。
7月3連休自転車旅の最終日は埼玉県熊谷市から荒川CRを経由して東京都大田区までの91kmを走ります。KhodaaBloom FARNA 700-105で行く、2泊3日、走行距離431kmのロングソロツーリング! 完結です。