GENTOS RX-186RSはブルベやオーバーナイトに耐える自転車ライトになり得るか?

自転車グッズ
スポンサーリンク

こんにちは。ノブです。

GENTOS(ジェントス)は1978年創業の日本の懐中電灯メーカーです。販売するフラッシュライトの中に閃シリーズがありますが、ブルベライダーがこぞって愛用していたこともあり、自転車乗りなら一度は耳にしたことのあるメーカーではないでしょうか。
最近はキャットアイが手掛けるVOLTシリーズの性能が飛躍的に向上したこともあって、ジェントスの名前が下火になってきている気がしますが、そこは天下のジェントスです。REXEEDシリーズという、VOLTシリーズに匹敵する性能のライトを新たに発売しましたので、試してみたいと思います。

GENTOS RX-186RS

スペック・特徴

使用光源:高輝度チップタイプ白色LED×1個
明るさ(約):800ルーメン(Maxモード時)/ 400ルーメン(Highモード時)/ 180ルーメン(Midモード時)/ 50ルーメン(Ecoモード時)
輝度(約):9250カンデラ(Maxモード時)/ 4740カンデラ(Highモード時)/ 2020カンデラ(Midモード時)/ 540カンデラ(Ecoモード時)
使用電池:専用リチウムイオン充電池 3.7V 2,800mAh
充電時間(約):4時間
電池寿命:充放電 約300回
点灯時間(約):7時間(Maxモード時)/ 12時間(Highモード時)/ 24時間(Midモード時)/ 80時間(Ecoモード時)
照射特性:フォーカスコントロール
照射距離(約):192m(最大時)
保護等級:耐塵・耐水仕様(IP66準拠)
落下耐久:2m落下耐久
本体サイズ(約):φ29.5×141.8mm
本体質量(約):177g(電池含む)
付属品:ストラップ、Micro USBケーブル(50cm)、専用充電池
オプションパーツ(別売):専用充電池(型番:GA-08、JAN:4950654 037005)

出典ジェントス公式サイトより

GENTOS RX-186RSを選んだ理由

まずは、こちらをご覧ください。ロングライド向けライトとして人気のキャットアイVOLTシリーズとの比較表です。

VOLT800 VOLT1700 GENTOS RX-186RS
ハイ 2時間800lm 2時間1700lm 7時間800lm
ミドル 3.5時間400lm 5時間500lm 12時間400lm
ロー 8時間200lm 15時間200lm 24時間180lm
デイタイムハイパーコンスタント 7.5時間 12時間 ×
エコモード × × 80時間50lm
点滅 100時間 150時間 ×
フォーカスコントロール 不可 不可
重さ(バッテリ込み) 140g 256.3g 177g
バッテリー交換方法 専用カートリッジ 専用カートリッジ 18650型リチウムイオン電池
本体充電 マイクロUSB マイクロUSB マイクロUSB
バッテリー容量 3400mAh 6800mAh 2800mAh
自転車用ブラケット 付属 付属 なし
本体サイズ 116 x 31.2 x 43.2 mm 119.3 x 56.0 x 47.3 mm φ29.5×141.8mm
保護等級 雨中の使用に耐えられる程度の防水性能 雨中の使用に耐えられる程度の防水性能 耐塵・耐水仕様(IP66準拠)
落下耐久 記載なし 記載なし 2m落下耐久
照射距離 記載なし 記載なし 192m(最大時)

注目ポイント1 夜間走行に必要な光量を長時間維持できる

VOLTシリーズは、短時間ならどのモードも夜間走行可能ですが、オーバーナイトに向いているモードはローモードのみです。対してGENTOS RX-186RSは、ミドルとローモードの2つが利用できそうです。特にミドルモードの400lmで12時間点灯は驚異的で、安心して夜間走行が可能と言える光量ではないでしょうか。

注目ポイント2 容易なバッテリー交換

GENTOS RX-186RSは18650型のリチウムイオン電池を使用しています。これはスティック系のモバイルバッテリーなどに使われていたりする標準規格です。
VOLTシリーズの専用カートリッジのようにGENTOS純正の18650型リチウムイオン電池も別売りされており、電池を入れ替える感覚で容易に交換が可能です。

注目ポイント3 防塵・防水・落下耐久値が明確

GENTOSの販売するRX-186RSは、耐塵・耐水仕様がIP66準拠(粉塵が中に入らず、あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない)現実に置き換えると、強風の砂浜の海岸線沿いや土砂降りの雨の中を走っても問題がないレベルでしょうか。さらにライト本体は2m上からの落下でも壊れない耐久性があり、うっかり自転車から落ちたくらいでは壊れる心配がありません

インプレ・フォトギャラリー

では実際の商品を見てみましょう。まずはパッケージ。

裏面は商品説明ですね。やはり光量と点灯時間に目が行きます。

ケースから取り出すと、本体と取扱説明書。それにマイクロUSBケーブル、ストラップが付属していました。

手に取ってみた印象は少し長い。VOLTシリーズが11㎝台なので、それよりも2㎝近く長くなっています。ただ、VOLT1700のようなずんぐりむっくりではなくスマート。持った感じ重さはそれほど感じません。

中を開けてみるとGENTOS純正の18650型リチウムイオン電池が1つ。

重さは177g。公式の情報とドンピシャです。

ちなみに、リチウムイオン電池は48gありました。

正面のライト部分です。たった2800mAhのバッテリーで長時間点灯を実現しているのだから、このLEDとその制御部分の技術は驚異的です。

反対側のお尻にスイッチがあります。クリック感があり、固すぎず柔らかすぎず押しやすいです。

付属のストラップはお尻部分のスリットに取り付けることができました。

さらにお尻部分を引き出すとUSB端子が出てきて、ここから充電可能です。ただし、点灯中の充電はできない仕様のようです。

ライトの明るさチェック

まずは無灯状態です。近くの公園で撮影しましたが、iPhoneのカメラが街灯の光を拾ってしまって無灯状態でも明るく写ってしまいました。実際はもう少し暗いです。

800lmで点灯してみると、明るくてギラギラ。地面の状態をかなり詳細に把握することができました。

400lmでも十分過ぎるほどの明るさで、これなら真っ暗な道でも安全に走行することが可能ですね。

次に180lmです。800lmや400lmが明るすぎるので暗く感じますが、十分に地面を視認することができました。ただ、400lm比べると心もとないので、郊外の真っ暗な道なら優先的に400lmを使いたいと思いました。

50lmは点けているのかどうか怪しいくらいです。夜間走行に使うことはないでしょうね。

動画を撮ってみました。

連続点灯時間のチェック(11/17追記)

やはり気になる連続点灯時間。公称時間は、ぶっちゃけ盛りすぎでは?と思うくらい長時間です。いきなり実戦投入するのはちょっと怖い。
そこで、フル充電後に400lmで点けっぱなしにして、開始直後の光量をどれくらい持続できるのか確かめてみました。

開始直後

まずは開始直後の400lmの状態です。ライトの横にiPadを置いてストップウォッチとして時間を計測することにしました。

また、メジャーを吊して光の円の大きさを測っておきます。初期状態で74cmでした。これが小さくなっていくようなら、実用点灯状態を切ったとみなすことにしました。

2時間経過

とりあえず、2時間後。光の強さに変化はありません。

円の大きさも変わらず。まあ2時間くらいなら持って当然ですね。

5時間経過

さらに5時間。

光の強さに変化はなく良い調子です。

10時間経過

さらに10時間が経過しました。しかし、光の強さは変わらずの様子。正直、2800mAhのバッテリだし、この辺で弱まると思っていました。もしかすると、純正電池にもなにか持続させる仕掛けがあるのかも。

円の大きさも変化なし。

12時間経過

そして、公称の12時間が経過しました。目視でも変わっていないように見えました。

円の大きさも74cmから変化なし。この検証上ではGENTOSの提示する仕様は紛れもなく事実。疑って本当にすみませんでした!!

使ってみての感想

自転車のフロントライトとして運用するなら、想定していたとおり、400lmと180lmの2モードが適当と感じました。視認性の面では問題ありません。
一つ気になったのは、RX-186RSの機能のインスタントオフスイッチ(点灯後、一定時間経過後にスイッチを押すと、どのモードからでも一回の操作で消灯できる)です。例えば、400lmでしばらく運用してから180lmに切り替えようと思ってスイッチを押すと消えてしまうので、いきなり真っ暗、という状態に陥る可能性があると感じました。スイッチを押せば800lmで点灯するのでそこまで心配する必要はないですが、把握していないと焦るかもしれません。

ブルベに使えるか?(11/17追記)

懸念があるとすれば、2つ。
1つ目はRX-186RSが18650型リチウムイオン電池を使用していることです。コンビニやスーパーなどで取り扱っていないことが多く、万が一バッテリー切れを起こしたとき、途中で調達することが困難(CR123電池を2本使う代用方法もあるようですが未確認)だからです。その点では、乾電池式ライトの閃シリーズのリスク対応能力には適いません。
しかし、最近はキャットアイのVOLTシリーズがシェアを伸ばしてきていることから、予備のバッテリーカートリッジを用意すれば問題ない、と考えているブルベライダーも多くなってきているようです。
RX-186RSの運用も同様で、例えば1,200kmブルベを400lmで運用する場合、18650型リチウムイオン電池の予備を3~4本持っていれば連日のオーバーナイトを走りきることができます。仮に予備電池がなくなったとしても、2灯体制なら片方を点灯しつつ、もう片方を別途モバイルバッテリーで充電することができるので、運用手順さえ間違わなければそこまで神経質になる必要はないかと思います。
2つ目も同じくリチウムイオン電池について。こちらは性質によるものです。リチウムイオン電池は極端な低温環境だと放電しやすい性質があります。

外部温度と電池の容量の関係(寒い方が容量小さい?)
こちらのページでは外部温度と電池の容量の関係、外部温度と電池の内部抵抗の関係について

そのため、冬の時期のブルベでは期待する点灯時間を実現できない可能性がでてきます。しかし、それはRX-186RSに限ったことではなく、スマホをはじめとしたリチウムイオン電池を使う機器すべてに当てはまりますので、これは運用レベルでカバーすべき問題でしょう。

以上のことから、点灯時間や光量の面では、ブルベに耐えうる十分な性能を持っており、運用面でも取り立てた欠点はなく、RX-186RSは閃シリーズに代わる新しいフラッシュライトと言えるのではないでしょうか。

また、同等の性能でUSB給電が可能なRX-086PSを候補にいれても良いかもしれません。

コメント

  1. こめだ より:

     連続照射をしていると暗くなるって記述があったりするので、実際にナイトライドでの使用感を追加してもらいたいです。
    熱持つと性能が低下するとかすると、自転車での連続利用には向かないと疑ってます。
    自転車での実走レビューを待っています。

タイトルとURLをコピーしました