Garmin のスピード&ケイデンスセンサーを電池交換してみた

旅のノウハウ・ガイド
スポンサーリンク

こんにちは。ノブです。

Garminサイコンと合わせて購入したスピード&ケイデンスセンサー。購入から1年4ヶ月ほど経った頃、サイコン上に「ケイデンスセンサーの電池残量不足です」と表示されるようになりました。
残量不足と表示されてもサイコンで認識できていたことから「まだ行ける」とギリギリまで使い続けていましたが、「スピードセンサーの電池電池残量不足」も表示されるようになり、遂にはどちらもサイコンから認識されなくなってしまいました。
今回は、1年半近く保ったGarminセンサーの電池を交換をしてみたいと思います。

スピードセンサーの電池交換

こちらはロードバイクから取り外してきたスピードセンサーです。まずはシリコンケースを外してしまいます。

スピードセンサーの裏側からケースを取り外していきます。下部のツメを右へ動かして、アンロック状態にします。

このように簡単にケースを取り外すことができました。続いて、電池を外していきます。

指だと外しにくかったので、精密ドライバーで端子を傷付けないよう持ち上げていきました。

このとおり外れました。使用している電池はCR2032です。同じ型の電池を用意しておきましょう。

電池を交換したら、外したのと逆の手順でロックします。

あとはシリコンケースを取り付けてロードバイクに戻せば完了です。簡単でした。

ケイデンスセンサーの電池交換

スピードセンサーと同様にケイデンスセンサーも交換してみたいと思います。

電池の取り出し方はスピードセンサーと同じです。

このように簡単に取り外せます。

電池の取り外しは精密ドライバーで傷付けないよう慎重に。

電池を交換したら、同様に逆の手順でロックして完了です。ケイデンスセンサーの電池交換も簡単でした。

旅のノウハウ・ガイド
🚴ブログランキングに参加しています!🚴
ランキングボタンを押して頂けると、日々の励みになります!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ツール・ド・気ままに - にほんブログ村
この記事をシェアする
この記事を書いた人
ノブ

『ろんぐらいだぁす!』をきっかけに2017年春からロードバイクを始めたキャンプとサブカル好きなサイクルツーリスト。
KhodaaBloom FARNA 700-105をメインバイクに絶景とグルメを求めて自転車ひとり旅に出かけ、ロングライド自転車旅行記にブルべ挑戦記、サイクリングの便利グッズやキャンプギアのインプレ、自転車関連書籍・映像作品のレビューを『ツール・ド・気ままに』で公開中。
2019年に日本一周自転車旅15,000kmを完走。次の目標はブルベの最高峰PBPです!

このブログをフォローする
ツール・ド・気ままに

コメント

タイトルとURLをコピーしました