みのぶまんじゅううまい! 晩秋の1泊2日自転車旅1日目後編 御殿場から身延町へ

こんにちは。ノブです。

11月3連休の後半土日を利用して1泊2日自転車旅に出かけてきました。その一日目後編のライドレポです。

前編では、湯河原から椿ラインをヒルクライム。芦ノ湖を散策した後、御殿場に向けて乙女峠と長尾峠をヒルクライムしました。

晩秋の1泊2日自転車旅1日目前編のライドレポです。早朝に湯河原まで輪行し、椿ラインを大観山までヒルクライム。その後、芦ノ湖畔をポタリングしたりスイーツを食べたりして楽しみ、乙女峠と長尾峠を繋いで箱根から御殿場へ走りました。

後編では、御殿場市から富士の裾野を走ってから、昼食に富士宮市で「富士宮やきそば」を食べ、最終的には宿を取った山梨県の身延町まで走って、名物の「みのぶまんじゅう」を食べたいと思います。

本日のルート

Garmin Edge 1030 走行データ

距離:129.78 km
タイム:6:20:57
経過時間:8:50:37
平均速度:20.4 kph
高度上昇:2,350 m
最高高度:1,012 m
カロリー:4,462 C

旅レポ・フォトギャラリー

静岡県へ入り、長尾峠をダウンヒル

箱根側の長尾峠をヒルクライムして県境のトンネルを抜け、11時50分に静岡県御殿場市に入りました。

御殿場側の長尾峠をダウンヒルし、御殿場市街へ向かいます。

こちら側の長尾峠はワインディングが多め。でも斜度はキツくなく登りも楽しそうです。

富士山の景勝スポットの一つとされる「天下第一峰」ですが、あいにく雲に隠れてしまっていました。

頂上から15分ほど下って乙女峠のある138号線に合流です。このままさらに下って市街地を抜けて、国道469号線「富士南麓道路」を走ろうと思います。

富士の裾野を走り富士宮市へ

国道469号線を走ろうと思っていたら道を一本間違えてしまいました。ですが、車通りは少なく富士山も堪能できて、まあOKです。

国道469号線に合流。あとはこの道を真っ直ぐ富士宮市へ向かいます。

長尾峠の頂上から1時間ほど走り、ちょうど雲がなくなって富士山が綺麗だったので、一枚撮りました。

国道469号線は自衛隊の演習場の間を突っ切る形で走っています。この辺りはススキでいっぱいでとても綺麗な景色が広がっていて、ぜひ直接見て欲しい。

徐々に山の中へ入ってきました。今日はヒルクライム三昧で、70km近く走ってきてからの登りはちょっと足にくるものが……。実際、10%超える場所が何度もあり、469号線は結構キツいです。

横を見ると上に道があるのって、疲れていると萎えますね。ですが、あと一踏ん張り! と言いつつ、両足の太股が痙りました(汗)
寒いからと水分補給をあまりしておらず、圧倒的に足りてなかった。冬の補給は意識してやらないとダメですね。これも教訓です。

しっかり水分補給して休憩を取り、太股が痙らないよう慎重に登って、どうにか攻略。麓から頂上までの10kmがこの旅で一番キツかった。しばらくはダウンヒル。足を休めながら進みます。

しばらく走っていると、富士市へ向かう県道24号線と富士宮市へ向かう国道469号線の分岐点があります。富士宮市へ向かって名物の「富士宮やきそば」を食べるべく、右へ曲がって469号線を進みます。

富士宮市で名物富士宮やきそばを堪能

14時15分。富士宮市へ入りました。市街地へはずっとダウンヒル。一気に距離を稼ぎます。

富士宮市の中心部が近くなると至る所に富士宮やきそばの旗が立っていました。ちょっとレトロな雰囲気のお店があったので、立ち寄りました。

愛想の良いおばちゃんがひとりでやっている小さなお店。7~8人で囲めるくらいの大きな鉄板で焼いてもらった「富士宮やきそば」は、イカと豚が選べて、今回は豚を注文しました。価格は650円。ほどよい塩気が疲れた体に染み渡ります。

身延町へラストスパート!

富士宮やきそばを堪能してエネルギーは満タン。あとは身延町で名物の「みのぶまんじゅう」を買うだけです。と思ったら、饅頭を買える「栄昇堂」は17時で営業終了。現在、15時15分。身延町までは残り30km。普段なら行ける距離ですが、初めての道で登りがどれくらいあるか分かりませんし、足を使い切っている状態。時間内にたどり着くか微妙なところです。

身延町まではJR身延線沿いに進んでいきます。稲子駅前で朝霧高原と身延町方面の分岐があるので、左折します。

標識から10km走り、稲子駅近くの九十九折りが二つ続く坂(南部みちと書いてあったような?)を登ったところ。写真を撮ったのが15時45分。徐々に日が傾いてきました。

走って分かったのですが、県道10号線は駅と駅の間に必ずアップダウンが待ち受けています。その度に速度が一気に落ちて焦りがジリジリと出てきました。

内船駅、南部橋をチラ見

ゆるキャン△の登場人物「各務原なでしこ」が高校へ通うための最寄り駅として登場した「内船駅」をチラッとだけ。

チラ見とか言いつつ、折角なので、近くに架かる「南部橋」も渡ってみました。

南部橋からの富士川です。ここもゆるキャン△に登場した場所。元来のO型でずぼら、かつ時間がないので、アニメとの正確な位置合わせとかするつもりもありません(笑)
そして、この先に身延町があります。この時点で16時15分。こんな寄り道して間に合うのだろうか?

身延町到着! みのぶまんじゅううまい

南部橋から全力でペダルを回して16時45分。身延駅前に到着です!
直前に1kmほどですが最高斜度12%をGarminサイコンが記録した坂があって、間に合わないと本気で思いました。本気で思ったので坂の写真を撮る余裕もなかったです。

滑り込みで「栄昇堂」へ。

1日目の旅の最終目的だった「みのぶまんじゅう」を購入。小ぶりで甘さ控えめな薄皮饅頭です。甘さの中に餡からほんのり塩気も感じられ、本当に何個でも食べられそう。無料でお茶もいただけました。暖まるぅ。旅の疲れがどっと出てお尻に根が張りそうでした。

本日のお宿は「聖地の宿ビジネスホテルみのぶイン」です。身延町は、町全体の建物が瓦屋根に白壁造のレトロな雰囲気。ビジネスホテルとて例外ではありません。

お部屋は小さめですが、収納や冷蔵庫、バストイレが一体型のビジネスホテルの標準的な装いです。洗濯は近くにコインランドリーがあります。ちなみに自転車は玄関の中に入れさせてもらえました。こうした配慮はとても助かりました。

無事、身延町まで辿り着き、1日目の旅は終了です。
明日はゆるキャン△の舞台を巡りつつ、GWの自転車旅で行けなかった本栖みちと本栖湖へ行き、自宅のある東京都大田区まで帰ろうと思います。ではおやすみなさい。

晩秋の1泊2日自転車旅2日目前編のライドレポです。早朝は身延町や本栖高校といった「ゆるキャン△」の舞台を巡り、本栖みちをヒルクライムして本栖湖へ。本栖湖では晴天の中、富士山の絶景を望むことができました。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク