KhodaaBloomオフィシャルサイトにインタビュー記事が掲載されました!
当サイトには広告が含まれます

オウケンブルースリ、マイネルキッツら引退馬見学!うらかわ優駿ビレッジAERU【馬産地旅2023】

Thumbnail Umatabi2023 Urakawa Yushun Village Aeru (1)キャンプ

こんにちは。ノブです。

北海道日高地方の馬産地を巡る自転車旅に出かけてきました。今回は浦河町にある『うらかわ優駿ビレッジAERU』を訪問し、引退功労馬として繋養されているオウケンブルースリ、スズカフェニックス、ナカヤマフェスタ、マイネルキッツに会ってきました。

うらかわ優駿ビレッジAERUの見学方法

見学可能な時期や見学方法は『競走馬のふるさと案内所』に記載されています。注意事項も書かれていますので、訪問する際はこちらを確認するようにしてください。

うらかわ優駿ビレッジAERU | 馬・牧場・施設検索 | 競走馬のふるさと案内所
引退した名馬の牧場見学データベース。馬、牧場、地図から検索可。見学マナー、見学Q&A、馬産地の知識が学べる。

うらかわ優駿ビレッジAERU乗馬クラブへ

功労馬たちは、優駿の里公園の南側にある『うらかわ優駿ビレッジAERU乗馬クラブ』にて、乗用馬やポニーらと共に繋養されています。日中はこちらの放牧地で暮らしています。

引退名馬の看板

引退名馬の写真や動画撮影は個人利用のみ可ですので、注意です。

また、アエルでは牧場の馬たちに人参を与えて触れ合うことができます。ですが、功労馬には健康管理のため人参を与えられませんので注意しましょう。

引退名馬の写真動画撮影の注意事項

引退名馬たちの暮らす厩舎

また、放牧地のすぐ近くには、明治40年頃に建てられた日高種馬牧場第一牝馬厩舎の外装を再現した厩舎があり、功労馬らの馬房があります。この厩舎内も見学可能です。

引退名馬たちの暮らす厩舎

中央厩舎にチケゾーグッズ

乗用馬らに与えられるニンジンは中央厩舎で販売。他にも乗用馬らをデザインした缶バッチなども販売していて、それらも馬たちの生活の貢献になります。

中央厩舎

ここには、2023年2月18日に天馬となったウイニングチケット号の写真やグッズなどが展示されていました。実馬、ウマ娘問わず飾られていて、幅広いファンに愛されていたのが分かりますね。

オウケンブルースリ

デビューは3歳4ヶ月と遅咲きでしたが、2008年の菊花賞で重賞初勝利とG1初制覇を記録。その後も中長距離で活躍し、2009年のジャパンカップではウオッカの鼻差の2着になるなど、レースを大いに沸かせました。ちなみにAERUで同じく余生を送っているマイネルキッツとは、2011年の天皇賞春など同じレースを何度か出走しています。

7歳まで現役を続け、2012年いっぱいで引退。浦河町のイーストスタッドで種牡馬となりました。産駒には2018年の共同通信杯(G3)を勝ったオウケンムーンがいます。

生年月日2005年02月24日
戦績27戦5勝(うちG1を1勝)
主な勝ち鞍2008年菊花賞(G1)
獲得賞金5億386万円
性別
毛色栗毛
名前の由来冠名+人名
ジャングルポケット
シルバージョイ
母父Silver Deputy

2022年をもって種牡馬を引退。翌年より、うらかわ優駿ビレッジAERUにて、功労馬として余生を送ることとなりました。

放牧地では、スズカフェニックスと放牧されています。互いに馬が合うようで、『新仲良しツインズ』として有名ですね。

オウケンブルースリとスズカフェニックス

特徴的な大きな流星。ブニブニなお鼻もかわいい。

オウケンブルースリ

グイッポするアチョーくん。

オウケンブルースリ

スズカフェニックス

短距離マイル路線で活躍し、主戦騎手は武豊騎手。2007年の高松宮記念(G1)では、重馬場の中にも関わらず、豪快に差し切りG1初制覇。ちなみに彼の叔父シンコウキングも高松宮記念の覇者で、短距離マイルで産駒が結果を出す母父フェアリーキングの血が、色濃く伝わっているようです。

2008年をもって引退して翌年から種牡馬となり、2013年には産駒のマイネルホウオウがNHKマイルカップ(G1)を制しています。

2016年で種牡馬を引退。以降はうらかわ優駿ヴィレッジAERUにて余生を過ごしており、同牧場ではタイムパラドックス(2022年2月10日没)との仲の良さと瓜二つな姿から「仲良しツインズ」と呼ばれたり、今ではオウケンブルースリと「新仲良しツインズ」を結成。ヘドバンを繰り返す姿も愛嬌たっぷりで、沢山の人から親しまれています。

生年月日2002年3月29日
戦績29戦8勝(うちG1を1勝)
主な勝ち鞍2007年高松宮記念(G1)
獲得賞金4億4,767万円
性別
毛色栗毛
名前の由来冠名+不死鳥
サンデーサイレンス
ローズオブスズカ
母父Fairy King

放牧地ではいつもアチョーくんことオウケンブルースリと一緒です。

スズカフェニックスとオウケンブルースリ

AERUで暮らす功労馬では最年長となりました。でも、一番ひょうきんな子。その姿をいつまでも見ていたくなります。

スズカフェニックス

ナカヤマフェスタ

気性難で知られるステイゴールド産駒でもかなりの気分屋。3歳時はまともに調教ができない時期もありましたが、4歳で一旦落ち着くと宝塚記念を制してG1初勝利。その勢いのままフランス遠征し、フォア賞(G2)と凱旋門賞(G1)を2着。特に凱旋門賞ではアタマ差での惜敗で、日本の競走馬がもっとも勝利に近づいた瞬間でした。

引退後はブリーダーズ・スタリオン・ステーションで種牡馬となりますが、産駒が活躍しなかったことから種付けが休止。ですが、2018年に産駒のガンコが日経賞(G2)を勝利したことで、2019年よりアロースタッドで種牡馬を再開しました。

そして、2023年の9月をもって種牡馬を引退。今はAERUにて余生を送っています。

生年月日2006年4月5日
戦績15戦5勝(うちG1を1勝)
主な勝ち鞍2010年宝塚記念(G1)
獲得賞金2億9,324万円
性別
毛色鹿毛
名前の由来冠名+祭
ステイゴールド
ディアウィンク
母父タイトスポット

一ヶ月前にアロースタッドの種牡馬見学で会っていたフェスタ。AERUで再会です。

ナカヤマフェスタ

アロースタッドでは厩舎見学だったので放牧姿は初めて見ました。綺麗な馬体です。16歳はAERUの功労馬では最年少の新入り。でも風格は古参のように落ち着いていました。

ナカヤマフェスタ

マイネルキッツ

10歳までの長い競争生活を送ったステイヤーで、2009年の天皇賞春を勝利をした時は、12番人気の下馬票を覆しての戴冠でした。

2013年のステイヤーズステークスを最後に引退。その後、横浜市にある根岸競馬記念公苑にて乗馬として第2の馬生を送ります。

同い年のマイネルネオスともに乗馬として活躍してきましたが、20歳を過ぎ高齢となったため引退。開催されたお別れ会には多くのファンが別れを惜しみました。

生年月日2003年03月18日
戦績52戦8勝(うちG1を1勝)
主な勝ち鞍2009年天皇賞春(G1)
獲得賞金5億5,703万円
性別
毛色栗毛
名前の由来冠名+子鹿、子カモシカ(独)
チーフベアハート
タカラカンナ
母父サッカーボーイ

そして、2023年の6月8日からは、うらかわ優駿ビレッジAERUにて、功労馬として余生を送っています。

マイネルキッツ

すらっとした馬体です。キッツくんは放牧地の奥の方にいることが多く、マイペースに草を食んでいる姿がよく見られました。

マイネルキッツ

近くに寄ってきてくれました。去年参加した根岸競馬記念公苑のお別れ会ぶりに顔が見られました。これからも元気で。

マイネルキッツ

見学を終えて

見学予約も不要で、気軽に会いに行ける貴重な牧場です。ただ、その気軽さ故なのかマナー違反の話も時より聞かれ、それにともない見学ルールが厳しくなってきています。

引退馬に会える機会がなくならないよう、訪れる前にルールをよく確認し、出あることを感謝しつつ楽しんでいきたいなと思います。

キャンプ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事をシェアする
この記事を書いた人
ノブ

ろんぐらいだぁす!をきっかけに'17年春からロードバイクを始めたキャンプ、登山、サブカル好きなサイクルツーリスト。
 
ウマ娘から競走馬に魅了され、引退馬支援活動を'22年から開始。馬産地巡りが最近の楽しみです。
 
◇出身地
北海道(現在は東京都在住)
 
◇自転車歴
'19年 日本一周約1.5万km完走(172日)
'20年 ブルベ挑戦
'20~'23年度SR獲得
'23年 PBP完走(86時間49分)
 
◇所有自転車
KhodaaBloom FARNA 700-105
KhodaaBloom STRAUSS PRO RACE2
Birdy Standard Disc
 
◇引退馬支援活動
'22年~NPO法人引退馬協会のFP会員。タイキポーラ、ナイスゴールドの2頭を支援中。
 
  
フォローはこちらから▼

このブログをフォローする
ツール・ド・気ままに

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。