【ブルベ】2023BRM1105東京600ウナギ【準備編】

ブルベレポート

こんにちは。ノブです。

暦は2022年ですが、ブルベは11月から2023年シーズンが開幕しました。そう、PBPの開催シーズンです。

今シーズンの最初の目標は、何はさておきSRを獲得すること。さっそく11月12日(土)にシーズン1本目となるBRM1105東京600ウナギを走ってきました。

このブルベは、去年ランドヌール東京が主催したBRM1120東京600浜名湖鰻と同じもので、その名の通り、浜名湖へ鰻を食べに行こうという趣旨のブルベです。今年もN2BRM形式で開催され、11月1日(火)午前6時~11月12日(土)午前6時までに任意に出発ができるようになっています。

それでは、まずは出走前の準備から始めたいと思います。

2023BRM1105東京600ウナギの概要

概要
  • 日時(開催基準日):2022年11月5日(土)
  • スタート時刻:11月1日 6:00 〜 11月12日 6:00 の間で各自任意で選択
  • スタート地:武蔵中原(キューシート参照)
  • ゴール地:武蔵中原(キューシート参照)
  • ゴール受付:リモートブルべカードより認定申請のこと
  • 距離:600km
  • 制限時間:40時間

コース概要

浜名湖ウナギを目指し、中原街道、熱海、鷹巣トンネル、三島、御前崎を経由、浜名湖で折返す、行って来いの往復平坦基調コース。難易度は高くないですが寒暖の変化に対応が必要でしょう。それと風か?仮眠はホテルかベンチか…?獲得標高(参考)2,300m。

出典ランドヌール東京

ランドヌ東京独自ルールについて

各地で独自ルールを設けているブルベですが、ランドヌ東京にも独自ルールがあります。詳しくはこちらから。

完走計画

1年前のブログ記事で確認

このブルベは1年前にも走っており、まだ記憶に新しいブルベです。それに走行レポートを残しているので、その内容を元に準備を進めることにしました。

準備編には浜名湖で食べる鰻屋さんスポットも4つ挙げてあるし、仮眠場所の候補もある。それに当時の装備も一目で分かります。さらに走行レポートを読み直すことで当時のことがしっかり思い出せたので、書き残しておいてよかったと感じています。ありがとう過去の自分!

去年と通過PCが変更

過去の走行レポートがあるので、あとはその差分をチェックすればOK。Qシートを確認したところ、前年と通過チェックポイントが1つ変更になっていて、通過チェック3とその周辺のみルートが違いました。2022シーズンで通った国道149号線は港の目の前で交通量が多く道も荒れ気味だったので、この変更は歓迎です。

懸念は雨、そして風を味方に付ければ高速巡航可能!

今回のルートの大半を占める静岡県の天候を見ていくと、出走を予定していた11月2週目は、去年よりも3℃前後気温が高いようです。去年より寒くないというのは有り難い。ですが、日曜が雨予報となっていました。

詳細な情報を探してみると、例えば静岡市では午前中から降り始めるようで、雨は避けられない様子。これは雨天装備が必須ですね。

次に風の予報。吹きさらしになる太平洋沿いは向かい風だと最悪ですが、御前崎市の予報を見てみると風向きも上々で、行きも帰りも追い風基調で行けそうです。懸念は雨だけですね……。

出走事前申告

このブルベは、11月1日(火)午前6時~11月12日(土)午前6時までに任意に出発できますが、事前に出走日時を申告する必要があります。

今回は最終日となる11月12日(土)の午前3時で事前申告を出しました。ですが、雨。1週間前の天気予報をチェックした時は、この週末も晴れる予報だったのでこの日を選んだのですが、当てが外れてしまいました。

これは開催期間の後半を選ぶデメリットでもあるので、N2BRMは晴れているときにさっさと走ってしまうのが吉かもしれません。

今回の装備について

これらの事前調査を踏まえ、装備を選定していきます。

自転車に取り付ける基本装備は200~600kmでほとんど変わらず、前シーズンと同様の装備にしました。

衣類については、太平洋沿いは比較的暖かいとは言え、寒さ対策は必要です。アウターは夏用で十分そうですが、インナーはモンベルのウインドテクトインナーウェア。それに往路ではモンベルの下にミレーのインナーも重ね着して、夜間や早朝の汗冷えに対策するようにしました。また、日中に着用する春秋用フルフィンガーグローブと夜に着用する真冬用のフルフィンガーグローブの2種持っていきます。

装備リストのテンプレートは東京⇔大阪キャノンボール研究からダウンロードしました。ばるさんの書く記事は分かりやすくまとめられていて、いつも参考にさせていただいています。

以上が準備編。次回から走行レポートに入りたいと思います。

ブルベレポート
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事をシェアする
この記事を書いた人
ノブ

『ろんぐらいだぁす!』をきっかけに'17年春からロードバイクを始めたキャンプ、登山、馬、サブカル好きなサイクルツーリスト。
 
グルメと絶景を求め各地を巡るロングライド自転車旅行記にブルべ挑戦記、サイクリングの便利グッズやキャンプギアのインプレ、自転車関連の書籍や映像作品のレビューをブログ『ツール・ド・気ままに』で公開中。
 
'19年に日本一周15,594km(172日間)を完走。'20年からブルベに参加し、'20~'22年はSR獲得。ブルベの最高峰PBP完走が今の目標です!

'22年よりNPO法人引退馬協会のFP会員として活動。引退馬支援とともに乗馬も少しずつ始めています。
 
◇所有自転車
KhodaaBloom FARNA 700-105
Birdy Standard Disc
 
ヘッダー画像のキャラクターは『びわっこ自転車旅行記』の大塚志郎先生に描いていただきました。
 
フォローはこちらから▼

このブログをフォローする
ツール・ド・気ままに

コメント