SPD-SLデビュー PD-A530からPD-5800ペダルへ換装しました。

こんにちは。

前回はSPD-SLデビューに向け、購入したSPD-SLシューズとペダルの紹介をしました。

今回はSPDペダルからSPD-SLペダルへの換装です。

まずは、SPDペダルの取り外し。左側からやっていきます。15mmペダルレンチをペダルの根元に当て、時計回りに回します。

多少、力は入りますが、比較的簡単に外れました。長年親しんだSPDペダルがなくなり、ちょっと寂しい。

感傷に浸ってもいられないので、残っていたグリスを綺麗に拭き取ります。

SPD-SLペダルに塗るシマノのデュラエースグリスです。手が汚れないチューブ式グリスにしました。

まんべんなく塗っていきます。

いざ、取り付けへ。SPD-SLペダルは六角レンチがあれば取り付けができますので、付けるのは簡単でした。

取り付け完了。同じ要領で右側も換装していきます。

固定ローラーでさっそく試走です。気になっていたビンディング脱着時の硬さを検証します。とりあえず、クリート固定力は既定値の普通のまま、脱着を試行してみました。

か、固い……。着けるときも固い感じでしたが、とくに問題なのは取り外しのときです。かなり力を入れないと外れません。走り始めは体力があるから力任せに外せそうですが、ロングライドの終盤に外すのは到底無理そうです。
立ちごけ必死、下手したら死人が出ると確信できる硬さでした。

と言うわけで、固定力の調整をします。アジャスタボルトに2.5mm六角レンチを差し込み、最弱の設定にしました。

再び試走した結果、取り外しやすさが劇的に改善されました。SPDペダルのときより若干固い印象ですが、これなら疲れた終盤でも無理なく外せるでしょう。
もう少しローラー台で慣らし運転をして、公道デビューしたいと思います。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク