KhodaaBloomオフィシャルサイトにインタビュー記事が掲載されました!
当サイトには広告が含まれます

SPD-SLデビュー!PD-A530からPD-5800ペダルへ換装しました。

ペダル

こんにちは。

前回はSPD-SLデビューに向け、購入したSPD-SLシューズとペダルの紹介をしました。

今回はSPDペダルからSPD-SLペダルへの換装です。

まずは、SPDペダルの取り外し。左側からやっていきます。15mmペダルレンチをペダルの根元に当て、時計回りに回します。

多少、力は入りますが、比較的簡単に外れました。長年親しんだSPDペダルがなくなり、ちょっと寂しい。

感傷に浸ってもいられないので、残っていたグリスを綺麗に拭き取ります。

SPD-SLペダルに塗るシマノのデュラエースグリスです。手が汚れないチューブ式グリスにしました。

まんべんなく塗っていきます。

いざ、取り付けへ。SPD-SLペダルは六角レンチがあれば取り付けができますので、付けるのは簡単でした。

取り付け完了。同じ要領で右側も換装していきます。

固定ローラーでさっそく試走です。気になっていたビンディング脱着時の硬さを検証します。とりあえず、クリート固定力は既定値の普通のまま、脱着を試行してみました。

か、固い……。着けるときも固い感じでしたが、とくに問題なのは取り外しのときです。かなり力を入れないと外れません。走り始めは体力があるから力任せに外せそうですが、ロングライドの終盤に外すのは到底無理そうです。
立ちごけ必死、下手したら死人が出ると確信できる硬さでした。

と言うわけで、固定力の調整をします。アジャスタボルトに2.5mm六角レンチを差し込み、最弱の設定にしました。

再び試走した結果、取り外しやすさが劇的に改善されました。SPDペダルのときより若干固い印象ですが、これなら疲れた終盤でも無理なく外せるでしょう。
もう少しローラー台で慣らし運転をして、公道デビューしたいと思います。

ペダル
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事をシェアする
この記事を書いた人
ノブ

ろんぐらいだぁす!をきっかけに'17年春からロードバイクを始めたキャンプ、登山、サブカル好きなサイクルツーリスト。
 
ウマ娘から競走馬に魅了され、引退馬支援活動を'22年から開始。馬産地巡りが最近の楽しみです。
 
◇出身地
北海道(現在は東京都在住)
 
◇自転車歴
'19年 日本一周約1.5万km完走(172日)
'20年 ブルベ挑戦
'20~'23年度SR獲得
'23年 PBP完走(86時間49分)
 
◇所有自転車
KhodaaBloom FARNA 700-105
KhodaaBloom STRAUSS PRO RACE2
Birdy Standard Disc
 
◇引退馬支援活動
'22年~NPO法人引退馬協会のFP会員。タイキポーラ、ナイスゴールドの2頭を支援中。
 
  
フォローはこちらから▼

このブログをフォローする
ツール・ド・気ままに

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。