KhodaaBloomオフィシャルサイトにインタビュー記事が掲載されました!
当サイトには広告が含まれます

【レビュー】雨水を弾くアイウェアに!Microclair Sports撥水コート15ml

アイウェア


こんにちは。ノブです。

雨天ライドをするようになって、アイウェアに落ちる雨粒が気になるようになりました。視界が奪われますし、夜間は対向車のライトでさらに見えにくくなります。

今回はアイウェアのレンズを撥水加工できるマイクロクレールの撥水コートをレビューしていきます。

マイクロクレールスポーツ撥水コート

スペック
  • 視界をさまたげる、水の筋や、斑点を防止します。
  • 汚れ、水、油をはじき、レンズのクリーニングを容易にします。
  • 帯電防止効果は、ほこりをよせつけず、レンズを長くきれいなまま保ちます。
  • ポリカーボネイトレンズを含む、すべての種類のレンズに使用できます。
  • ガラスやプラスチックにも使用できます。
  • ただし、ミラーコーティングは剥がれやすいので、ミラーコーティングされたレンズにはお勧めできません。
  • 1回で1週間持続します。
  • レンズの外面に2、3滴液をたらし、指で広げます。その前にレンズの汚れを落とし、きれいにしておいてください。
  • 汚れ、ほこりが付着したままだと効果が減少します。マイクロファイバークロスで拭きとってからご使用ください。
  • ※microclaire(マイクロクレール)の曇り止めに使用したクロスを撥水コート装着時に使用しないでください。曇り止めと撥水コートを一緒に使用すると、お互いの性能が発揮できません

出典ワールドサイクル公式サイト

購入動機

これまでアイウェアのメンテナンスは簡単に水洗いするだけで、撥水などコーティング処理はしていませんでした。

それは雨の中を長時間走る事がなかったからですが、ブルベをするようになって状況が変わりました。特に雨天時の夜間の見え方が酷く、レンズ上の水滴が対向車のライトを受けて反射して視界が奪われるのが非常にストレスになっていました。

去年の日本橋1000をDNFした時に何か対策しないと厳しいと感じ、ネットを物色して見つけたマイクロクレールをひとまず買ってみたという次第です。

Microclair Sportsとは?

Microclair Sportsはカナダに本社を持つMicroclair International Inc のブランドで、レンズクリーナーや曇り止め、撥水などの加工処理を得意としているようです。また、これらの技術を用いた製品はUCIチームやクロスカントリー、トライアスロンチームなどに提供されており、トップアスリートが実際に使用することで良質なフィードバッグを得ているようです。

Microclair Sportsパッケージ

アイウェアに撥水コートを塗ってみる

それでは塗っていきます。撥水コートをこれまで一度も塗っていない古いアイウェアがあったので、右目のレンズに撥水コート、左目のレンズは塗らない状態で撥水具合を比較しようと思います。まずは表面の汚れを眼鏡クリーナーなどで落としておきます。

検証用アイウェア塗布前

その後、2、3滴レンズの上に落として伸ばしていき、拭き取るだけ。液体自体には鼻につくような匂いもなくほぼ無臭でした。

検証用アイウェアに塗布中

片側だけ塗り終わりました。塗ったのは右目のレンズですが、この状態では違いはまったく分かりません。

検証用アイウェア塗布後

使ってみた感想

水を拭きかけて差をチェック

水を吹きかけて違いを確認してみます。使用したのは水道水で、どちらのレンズにもスプレーで3回散布しました。右目のレンズは撥水効果が出ていて水滴が均一になっています。左目のレンズはバラバラでした。

レンズの水滴具合を比較

拡大してみると、右は水滴が綺麗にできているのがよくわかりますね。

付着した水滴の右レンズの見え方拡大

左目のレンズは水滴の大きさも形もバラバラです。

付着した水滴の左レンズの見え方拡大

夜間の見え方に差が出る

暗くしてライトをアイウェアの正面から当てて、見え方を比較してみます。撥水コートを塗った右目のレンズは水滴が均一になっているので、ライトの光もほぼそのままです。

水滴の付着した右レンズの夜間の見え方

撥水コート無しだと光の反射が均一ではないので、見比べていると眩しくて目がチカチカしてきました。

水滴の付着した左レンズの夜間の見え方

実際にブルベでも使用し、宮城1000では土砂降りの中を長い時間走りました。撥水コートの効果で水滴で綺麗に流れてくれるので、対向車のライトで視界が奪われるような場面が、多少なりとも軽減された印象です。また、このブルベでは1日目と最終日が雨でしたが、最終日でも効果が切れることはなく完走できています。

まとめ

色々なメーカーの撥水コートを試した訳ではないので、マイクロクレールがどのように優れているかまでは分かりません。

ただ、期待通りに雨水を弾いてくれて雨天ライドで感じていた不快感が減りましたし、ひとまず効果はあるように感じられます。

雨天時にアイウェアが見にくいと感じている方は、この製品に関わらず、撥水コートを試してみることをおすすめしたいなと思います。

アイウェア
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事をシェアする
この記事を書いた人
ノブ

ろんぐらいだぁす!をきっかけに'17年春からロードバイクを始めたキャンプ、登山、サブカル好きなサイクルツーリスト。
 
ウマ娘から競走馬に魅了され、引退馬支援活動を'22年から開始。馬産地巡りが最近の楽しみです。
 
◇出身地
北海道(現在は東京都在住)
 
◇自転車歴
'19年 日本一周約1.5万km完走(172日)
'20年 ブルベ挑戦
'20~'23年度SR獲得
'23年 PBP完走(86時間49分)
 
◇所有自転車
KhodaaBloom FARNA 700-105
KhodaaBloom STRAUSS PRO RACE2
Birdy Standard Disc
 
◇引退馬支援活動
'22年~NPO法人引退馬協会のFP会員。タイキポーラ、ナイスゴールドの2頭を支援中。
 
  
フォローはこちらから▼

このブログをフォローする
ツール・ド・気ままに

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。