輪行袋がすっぽり入る手ごろサイズ ROSWHEELサドルバッグのレビュー

こんにちは。ノブです。

自転車でちょっと遠出したいって思うとき、輪行することがよくありますよね。駅について自転車を組立てて輪行袋を片付ける。輪行袋をしまうとしたら大きめのサドルバッグやフレームに取り付けたボトルケージだと思います。
しかし、夏場になるとボトルケージは埋まってしまいます。ワンデーライドではドッペルギャンガーのスマホホルダーをシートポストに取り付けて輪行袋を固定していたのですが、どこかカッコ悪い。

と言うわけで、輪行袋が丁度入る手頃なサドルバッグはないものかとAmazonで探してみました。

ROSWHEEL サドルバッグ

インプレ・フォトギャラリー

外観・内観

Amazonで販売されているWOTOW ROSWHEEL というメーカー? 情報がなく中華系と推測しています。

シートポスト及びサドルにはマジックテープで取り付けるタイプです。

メッシュ状の小物入れには反射材が付いています。

ファスナーを開けて中を見てみます。作りは防水性もありそうでしっかりしている印象です。

重さは、172.5gでした。

オーストリッチL-100輪行袋とぴったりサイズ

オーストリッチL-100輪行袋と並べてみます。

実際に入れてみると、ぴったり! 

取り付け方

取り付けはとても簡単です。サドルバッグのマジックテープでシートポストを固定します。マジックテープが長く、けっこう余ります。

サドルも同様にマジックテープで固定する。これだけ。

タイヤと擦れないよう注意

見てわかる通り、クリアランスがあまりありません。

ボトルを入れてみるとより顕著に。たぶん、これは擦れますね・・・・・・。

僕のロードバイクは、サドルレールからタイヤまで22㎝くらいです。小物入れにはSPD-SLのクリートカバーとか、軽い物だけ入れて走ろうと思います。

このアイテムを使ったロングライド・旅レポ

関東梅雨明け直後の7月1日に奥多摩周遊道路を走ってきました。輪行で武蔵五日市駅に向かい、都民の森を経由して、東京で一番高いところ標高1146mの風張峠までヒルクライム。奥多摩湖へ下ってからは青梅街道を走り、昼食で食べた「きり山」のとろろ蕎麦は絶品でした。全行程138kmのソロライドレポです。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク