【30日目】夕焼け小焼けラインの下灘駅と道後温泉に癒やされライド!

日本一周
スポンサーリンク

こんにちは。ノブです。

日本一周自転車旅も30日目。なんだかあっという間の1ヶ月だったように思います。
ようやく四国一周の目処が立ってきました。その後はしまなみ海道を通って再び本州へ戻ります……っと、まだやっていないことが。
住之江旅館を予約していません。早朝からネットで予約しようとしましたが2名縛りで先に進まず、直接話したほうが早いと電話。するとすんなり話が進みます。
今日が金曜日なので土曜に宿を取れればよかったのですが、土曜は満室。日曜日で予約を取ることができました。

しまなみ海道は日曜日かぁ。宇和パークのある西予市からしまなみ海道の住之江旅館まで約160km。これを3日かけて走ればいいわけです。これまでハードなライドだった分、いきなりイージーモードになってしまいました。
でも、のんびりと走るのもいい。うまく時間を使ってみたいと思います。

本日のルート

Relive ‘日本一周自転車旅30日目’

Garmin Forethlete230J 走行データ

旅レポ・フォトギャラリー

朝は濃霧! 『宇和パーク』を出発!

朝6時前に起きて外を見てみると、見事なまでの濃霧。これは視界が悪そう。もう少し霧が晴れてから走りたいな。

ホテルから歩いて1分のところにセブンイレブンがあり、昨日のうちに買っておいた菓子パンで簡単な朝食です。

午前7時半。ホテル周辺は霧が晴れてきました。準備を整えチェックアウト。さあ、出発です。

北上するには国道56号線の内陸側と国道25号線から378号線をつなぐ海側のルートがあります。今回は夕焼け小焼けラインを走りたいので海側ルートを選択しました。

薄らいだと思った霧ですが、なかなか晴れず。前照灯と尾灯を点滅状態にして走りました。

道の駅『道の駅 八幡浜みなっと』のなかない海鮮丼で朝食!

長い下りのトンネルを抜けて道の駅『道の駅 八幡浜みなっと』へ。西予市周辺の濃霧がこちらでは嘘のように晴れていました。

ここは漁港が近くにあるためか、朝市が開かれていました。

海産物の宝庫です。ここで数日滞在できるなら今すぐ買って刺身や煮付けにして一杯やりたい(笑)

ホテルは素泊まりで自前の聴力も簡素なものでしたので、お腹が空いています。フードコーナーで朝限定のまかない海鮮丼があったので注文。ジャコとカンパチやその他白身魚のぶつ切りの入った海鮮丼です。じゃこの風味と脂ののった刺身が新鮮で美味かった。

夕焼け小焼けラインを走る!

道の駅を出発し海岸線沿いを走って行きます。

またしても長いトンネル。しかも登りです。歩道が広いのでそちらに退避したほうがよさそう。

トンネルを抜けて再び海岸線沿いへ。この風景、室戸岬へ向かうときとよく似ています。

ここも海の色がチェレステカラーです。四国は海も川も澄んでいて綺麗でした。

午前11時前に伊予市へ。

なんだか道沿いに戦闘機らしきオブジェが現れました。

零戦? プロペラが風に吹かれて回っていました。これはいったいなんなんでしょうか?

夕焼け小焼けライン癒やしの絶景『下灘駅』

そして、夕焼け小焼けラインのメインとも言うべき『下灘駅』へ向かいます。

踏切を渡って少し登りがあります。

下灘駅です。四国で行きたかった場所の一つでした。何故かというと、ここも『ろんぐらいだぁす!』つながり。しまなみ海道編で今治で別れた紗希さんが、道後温泉、夕焼け小焼けライン、三崎港から別府へと渡った話が描かれていますが、その際に立ち寄ったのが下灘駅です。なので、ここも聖地巡礼の一つだったりします。

駅の表札の上にはウミツバメの巣が作られていました。人になれているのか、親鳥も全然逃げませんね。

ホームへと出ると絶景が。まるで海のそばに駅があるように見えます。

実際は道路を挟んでいるのですが、アングルによって海にある駅のように見えている。

訪れたときは人が数名いただけで、この景色をほぼ独占できました。満足して移動しようとしたときにツアーの観光客がどっと押し寄せてきました。時間的にもラッキーだったなぁ。

道の駅『ふたみ』で朝どれ卵プリンとじゃこ天!

下灘駅からすぐそばの道の駅『ふたみ』へ立ち寄りました。ちょっとばかり小腹が空いていたのです。

物産館でプリンを発見。地元の朝どれ卵で作ったプリンです。

濃厚なプリン。カラメルはあっさり目。それがちょうどよいバランスで美味しかった。

揚げたてのじゃこ天も購入。この旅ではじゃこ天が熱々で食べられています。

松山市へ向け、再びライドを再開。するといつの間にか3000km達成していました。30日間でということは1日100kmペースが未だに維持されているようです。

海沿いから国道56号線へと合流。あとは56号線をひたすら走って松山市です。

日本最古の温泉『道後温泉』でひとっ風呂!

松山市の中心部から2kmほどのところに道後温泉があります。ここも『ろんぐらいだぁす!』で紗希さんが通った場所。聖地巡礼です。

千と千尋の神隠しの湯屋のモデルになったとされる道後温泉本館に到着。

四方をぐるっと見てみたところ、工事中のようです。

どうやら老朽化による補修工事が進められているようです。2024年までの長期に渡って、この歴史的建造物を補修していくとのこと。

そのため、現在は2,3階が利用できず、1階の神の湯のみ利用できるとのことでした。多少残念ではありますが入ってみると、とても古めかしくノスタルジックな内装。脱衣所で千と千尋の神隠しを彷彿とさせるようなレイアウトがあり、わくわくしました。
湯船は大浴場が一つ。水深がかなり深くお尻を着けると顔が半分湯に浸かりました(笑)

道後商店街でみかんおにぎりを食す!

お風呂でまったりしたあと、道後商店街を散策。

すると『みかんおにぎり』というインパクト大な地元フードが現れました。これは食べるしかない。

外観はちょっとオレンジ色の丸いおにぎりです。

開けてみると、チキンライスっぽい。一口食べてみます。すると、もの凄いみかん感です。みかんの風味が主張してきます。けど嫌な感じではありません。ケチャップの酸味をみかんの酸味で代用した感じです。

今日はアイ・カフェ松山キスケBOX店で一泊

今日は松山駅近くの巨大アミューズメント施設キスケBOX内のアイ・カフェで宿泊です。

ここはすごいですね。24h漫画喫茶にスーパー銭湯、24hコインランドリーがあったり、食事も一つの施設でできちゃいます。

しかも、アイカフェはナイトパックで入るとスーパー銭湯入浴もできてしまう。ファンキータイムと同じ系列なので、朝倉店で貰ったクーポンも使えてかなり安く済みました。

無料でドリンク、ソフトクリーム、ポップコーン、中華スープが食べ飲み放題。すごすぎる。もうここの家の子になりたい(笑)

さらに日替わり夕食メニューが320円で提供されていました。試しに金曜の日替わりエビチリ丼を頼んでみると、しっかりとしたボリューム。食べ応えも十分でした。

サイクルラックのある駐輪場もあります。とても便利な施設なのですが、駅前であることから人通りが多い。盗難の危険があるのが難点でしょうか。

コメント

  1. みじぴん より:

    累積3,000km。
    本当にお疲れ様でございます。
    ノブさんの健脚に恐れ入るばかりです。

    いきなりの濃霧と、トンネルごとに変わる天候。
    まるで山岳地帯のそれですね。

    チェレステカラーの海は、陽の反射の影響を受けない、きれいな写真がとれたと思います。
    下灘駅や道後温泉本館のたたずまいも現代の感覚とかけ離れており、まるで、宮崎駿の頭の中にある空想世界に紛れ込んだようです。
    スタバのロゴが妙に明示感を出すのに一役かっており、ちょっと笑えました。

    まかないの海鮮丼とじゃこ天がおいしすぎるのは、もう、味が想像できます。
    しかし、みかんおにぎり。
    Twitterでご紹介いただいたときから、味が全く想像できず、実のところ「本当に美味しいのかしらん?」と、若干疑っておりますw。

    最後に、聖地巡礼ありがとうございました。
    こん後のサイクリングの参考にさせていただきます。

    • ノブ ノブ より:

      ありがとうございます。

      ようやく四分の一を走ったようです。
      これをあと3回繰り返せばいいのだと思うとゴールも見えてきそうですが、これからどんな過酷な道が待っているか分かりません。

      今回はとてもノスタルジックな風景の場所を訪れることができ、とても安らぐライドでした。まあ、景色全てが映画のセットのようにはいきませんから、スタバもご愛敬です。

      みかんおにぎり。美味しいですよ。でも、これをご飯に、おかずは何を合わせて良いのか見当が付きません(笑)

タイトルとURLをコピーしました