KhodaaBloomオフィシャルサイトにインタビュー記事が掲載されました!
当サイトには広告が含まれます

サラブレッドガイドで名馬と触れ合う!inノーザンホースパーク【馬産地巡り2023】

Thumbnail Umatabi2023 Thoroughbred Guide Northern Horse Park自転車旅

こんにちは。ノブです。

2023年も馬産地巡りの旅に出かけ、ノーザンホースパークへとやってきました。今回はサラブレッドガイドに参加してきます。

ノーザンホースパークはどんなところ?

社台グループが母体となり、株式会社ノーザンホースパークが運営している馬のテーマパークです。ポニーショーや乗馬体験、元競走馬の見学といった馬とのふれあいが楽しめます。

また、園内にはパークゴルフやサイクリングなどのアクティビティ、地元食材を活かしたレストランもあり、子どもから大人まで楽しめる要素が豊富に揃っているのも見逃せません。

ノーザンホースパーク看板

新千歳空港から車で15分の好立地にありますが、実は苫小牧市。ちょうど千歳市との境にあります。

サラブレッドガイドって?

ノーザンホースパークで暮らしている引退馬をスタッフが紹介するツアーで、所要時間は30分ほど。写真撮影や、餌やり体験も楽しめます。

サラブレッドガイドの開催案内はWebサイトのイベント情報に掲載されます。夏期、冬期で開催内容が変わったりしますので、定期的にチェックです。

イベント - ノーザンホースパーク公式サイト
ノーザンホースパークのイベント一覧ページです。北海道・新千歳空港から約15分の「ノーザンホースパーク」は、子どもから大人まで楽しめる馬のテーマパークです。

人気のイベントなので事前申し込みがオススメですが、空きあれば当日申し込みも可。今回はノーザンホースパーク公式SNSで空きがあると追加募集していたので、滑り込みで当日参加しました。

サラブレッドガイドの注意事項

サラブレッドガイドを安全にお楽しみいただくために

本日はノーザンホースパークの「サラブレッドガイド」にご参加くださり、まことにありがとうございます。当イベントを安全に行うため、下記の事項をよくお読みになり、ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。

  • 馬はたいへん憶病な動物です。突発的な動きを避け、大きな声や拍手を含む音を出さないようご協力ください。また、ビニール袋等をお持ちの方は大きな音が出ないようご配慮くださいますようお願いいたします。
  • イベントに登場する馬は自由に撮影していただけます。フラッシュ撮影も可能ですが、当日の馬の状態によってはご遠慮いただく場合がございます。
  • イベント中にしゃがむ、馬のうしろに行く、スタッフの許可なく馬に近づいたりふれたりすることは安全上に理由から禁止とさせていただきます。
  • 雨天開催時、お持ちの傘は所定の場所に置いてご参加くださいますようお願いいたします。
  • 小さなお子さまとご参加される保護者の方は、ガイド中お子さまの手をしっかりと繋ぎ、目を離さないようご注意ください。
  • スタッフの指示および上記注意事項にに従っていただけない場合は、参加をお断りさせていただくことやイベント自体を中止させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

イベントを最後までお楽しみいただくため、皆さまのご協力をお願いいたします。

サラブレッドガイド①厩舎見学と餌やり体験

今回のサラブレッドガイドは、近日開催されるノーザンファームミックスセールの会場設営のため、ガイドがいつもと異なる形式で行われました。まずは厩舎の外から名馬たちを見学。今日のガイドでは、次の4頭をガイドさんが紹介してくれました。

セダブリランテス

最初に紹介されたのは、セダブリランテス。2017年のラジオNIKKEI賞の勝ち馬です。2022年まで現役でしたが屈腱炎再発で引退し、ここで乗馬をしています。

セダブリランテス
生年月日2014年1月12日
戦績11戦5勝
主な勝ち鞍2017年ラジオNIKKEI賞(G3)
獲得賞金1億3780万円
性別
毛色鹿毛
名前の由来鮮やかに輝くシルク。父名、母名より連想
ディープブリランテ
シルクユニバーサル
母父ブライアンズタイム

サトノティターン

お次はサトノティターン。主な勝ち鞍であるマーチステークス出走時の馬体重は572kgで、「北斗の拳に登場する黒王」と例えられたくらいの大型馬です。

サトノティターン
生年月日2013年5月5日
戦績19戦6勝
主な勝ち鞍2019年マーチS(G3)
獲得賞金1億3,813万円 
性別
毛色鹿毛
名前の由来冠名+巨大な体を持つ神
シンボリクリスエス
マチカネチコウヨレ
母父Deputy Minister

キンシャサノキセキ

2022年まで社台ファームで種牡馬として生活していたキンシャサノキセキ。現在は種牡馬を引退し、功労馬として生活しています。

キンシャサノキセキ
生年月日2003年9月24日
戦績31戦12勝
主な勝ち鞍2010年高松宮記念(G1)
獲得賞金7億8,530万円 
性別
毛色鹿毛
名前の由来キンシャサの奇跡
フジキセキ
ケルトシャーン
母父Pleasant Colony

レインボーライン

最後は2018年の天皇賞(春)を制したレインボーラインです。優駿スタリオンステーションで2022年まで種牡馬として生活。以降はここで乗馬として活躍しています。左目の輪眼が特徴的ですね。

レインボーライン
生年月日2013年4月1日
戦績22戦5勝
主な勝ち鞍2018年天皇賞春(G1)
獲得賞金4億5,046万円 
性別
毛色鹿毛
名前の由来虹の道
ステイゴールド
レーゲンボーゲン
母父フレンチデピュティ

名馬紹介の後はニンジンタイム!

ガイドさんからニンジンを貰い、ふれあいタイムです。気になるお馬さんに自由にニンジンを与えることができますが、参加者は全馬に渡るように周囲を伺いながらふれあいをしていました。流石は馬好き。

名馬との餌やり体験

サラブレッドガイド②パドックでお披露目とふれあい体験

ふれあいタイムの次は厩舎裏のパドックに移動して、新たに別の名馬を2頭、馬房から出してお披露目して貰いました。

カレンミロティック

最初に現れたのはカレンミロティック。G1は勝てませんでしたが、宝塚記念や天皇賞春で2着など強い競馬が印象的です。そんな彼も15歳。颯爽と歩いてきて、ピタッと止まって綺麗な馬体を見せてくれました。

カレンミロティック

カレンミロティックを紹介してもらった後は、ナデナデふれあいタイム。慣れたもので静かに撫でさせてくれます。

カレンミロティック
生年月日2008年2月22日
戦績43戦6勝
主な勝ち鞍2013年金鯱賞(G2)
獲得賞金3億6,599万円 
性別セン
毛色栗毛
名前の由来冠名+迷路(ハングル)と英語の形容詞語尾ticからの造語
ハーツクライ
スターミー
母父A.P.Indy

カレンミロティックの現在ですが、2023年12月に岡山県の『オールド・フレンズ・ジャパン』へ移動し、第3の馬生を送っています。

ブラストワンピース

続いて現れたのは2018年の年度代表馬ブラストワンピースです。こちらもピタッと静止してその馬体を見せてくれました。ブラストワンピースはこうしたふれあいだけでなく、乗馬として馬場馬術の大会にも参加している現役のアスリートです。

ブラストワンピース

ブラストワンピースとは一緒に写真撮影ができました。

ブラストワンピースと記念撮影
生年月日2015年4月2日
戦績18戦7勝 
主な勝ち鞍2018年有馬記念(G1)
獲得賞金5億8,942万円
性別セン
毛色栗毛
名前の由来突風+母名の一部
ハービンジャー
ツルマルワンピース
母父キングカメハメハ

サラブレッドガイドを終えて

サラブレッドガイドを終えると、記念品を貰って解散。所要時間は30分ほどですが、名馬と間近で触れ合え、濃密な時間を過ごすことができました。有料のツアーですが価格はこんなに安くて良いの!?と思うくらいにリーズナブル。スタッフさんのお話も面白く、また参加したいと思える満足感のあるガイドでした。

ノーザンホースパークを訪れたなら、ぜひサラブレッドガイドにも参加してみてください。絶対に後悔しないツアーですよ。

サラブレッドガイドの記念品

自転車旅
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事をシェアする
この記事を書いた人
ノブ

ろんぐらいだぁす!をきっかけに'17年春からロードバイクを始めたキャンプ、登山、サブカル好きなサイクルツーリスト。
 
ウマ娘から競走馬に魅了され、引退馬支援活動を'22年から開始。馬産地巡りが最近の楽しみです。
 
◇出身地
北海道(現在は東京都在住)
 
◇自転車歴
'19年 日本一周約1.5万km完走(172日)
'20年 ブルベ挑戦
'20~'23年度SR獲得
'23年 PBP完走(86時間49分)
 
◇所有自転車
KhodaaBloom FARNA 700-105
KhodaaBloom STRAUSS PRO RACE2
Birdy Standard Disc
 
◇引退馬支援活動
'22年~NPO法人引退馬協会のFP会員。タイキポーラ、ナイスゴールドの2頭を支援中。
 
  
フォローはこちらから▼

このブログをフォローする
ツール・ド・気ままに

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。