【137日目】オホーツク海沿いを南下して網走監獄観光!

北海道
スポンサーリンク

こんにちは。ノブです。

日本一周自転車旅137日目はオホーツク海沿いに南下して網走市へと向かいます。

本日のルート

Relive ‘日本一周自転車旅137日目’

Garmin Forethlete230J 走行データ

旅レポ・フォトギャラリー

キャンプ場を出発

午前5時過ぎに起床。昨晩はシトシトと雨が降っていましたが、今朝はもう上がっています。空気がヒンヤリとして肌寒い。

道の駅近くのスーパーで買っておいた菓子パンで朝ご飯です。

夜は再び雨が降るようなので、屋根のある場所を確保したいですね。約120km先にクリオネキャンプ場というライダーハウスのあるキャンプ場があるので、今日はそこがいいかな。

箒などの清掃道具を使って簡単に掃除し撤収。列車の宿はなかなか快適でした。

これから網走方面へと走りますが、朝から陽の光があるのは久しぶり。今日は気持ちのいいライドになりそうです。

SLの宿 計呂地交通公園

まずは国道238号線へ。

道の駅『愛らんど湧別』の前を通過。道の駅というよりもアミューズメントパークのようですね。

ここからはサロマ湖沿いを走っていきます。

約18km走って計呂地交通公園へ。

ここにはSLが展示されていて、旅客車両は300円、駅舎は500円でライダーハウスとして泊まることができる人気の場所です^_^

こちらが駅舎。シャワーも付いていて、あと洗濯もできるらしいです。

管理室はかつての湧別駅。駅舎だった趣がありますね。

五右衛門風呂なんてものもありました。

自分で準備して熱い風呂に入る。けっこう気持ちよさそうですね。やってみたかった。

北勝水産でホタテバーガー

ライドを再開して佐呂間町へ。

道ばたにホタテです。これが点々とある。ホタテが食べたい。サブリミナル広告みたいだ。

ホタテが食べたくて立ち寄ったのは北勝水産。午前9時営業で少し早く着いてしまい、しばらく待ちました。

猿払村のライハに泊まった時にライダーさんに教えてもらったおススメスポット。ホタテバーガーが食べられます。

ホタテ3つのバーガーを注文。注文してから揚げてくれるので熱々です。

マヨソースも良く合います。ホタテ3つ入りでも450円とリーズナブルなのもいいですね。

サイクリングロードを走り網走へ

補給を終えて北見市へ。中心街はもっと内陸側なので、今回は通過するだけです。

それにしても今日は天気がいい。こんなに青空を見たのは久しぶりです。

ん? 浅瀬とその先で海の色がはっきりと違う。浅瀬は柔らかい砂なのでしょうか。赤く濁って見えます。

しばらく走っていると、オホーツクサイクリングロードを見つけました。どうやら網走の方まで続いているようです。

ただ、サイクリングロードってかなり遠回りして走ることが多いんですよね。それに雨の後だと冠水している場所もある。まずは様子を見つつ、国道を走っていきました。

しばらく走っていると、SLの展示を発見。サイクリングロードがすぐ側を通っています。

ここから先は、サイクリングロードへ。

多少湿っていたりするものの、路面は良好。

網走市の大曲というところまでサイクリングロードを走り、そこからは車道へ。網走監獄まであと少しです。

網走監獄観光

約80km走り博物館網走監獄へ。

ゴールデンカムイの聖地巡礼のために訪れましたが、まさか自分が網走監獄へ来るとは数年前の自分には想像も付かないでしょうね。

チケットを購入して中へ。正面に正門が現れます。看守が立っていますが、これは人形。施設内にはこのような人形が至るところで見ることができます。

正門をくぐると庁舎。ここは北海道開拓の歴史やお土産コーナーになっていました。

その中にゴールデンカムイのキャラクターパネルもありました。

正門を左側へと進むと、再び人形が。刑務所の水門から物資を運搬している姿ですね。

さらに左手には網走裁判所があります。

裁判に関するパネル展示の他に、法廷の様子を再現した人形がいたりします。部屋に入るとこんな感じなので、最初はギョッとしました。

裁判所から出て散策していると、休泊所という場所へ。

中に入ると、囚人が就寝しています。人形がリアル。そして丸太を枕にして寝ている。熟睡なんてできないでしょうね。

別の休泊所では食事をしている様子が再現されていました。

施設の左手奥にある二見ヶ岡刑務支所へ。

ここは囚人の日常風景を展示しているようです。

食事風景。監獄食ですね。

ようやく、ゴールデンカムイでも登場した放射状舎房へ。

一度に複数の舎房が監視できる中央見張所。

舎房の一つへ。左右の独房、高い天井、ゴールデンカムイで描かれていたままですね。

独房の一つを覗いてみます。人形がいますが、のっぺらぼうは……いないか。

最後は教誨堂へ。

僧侶や牧師さんが受刑者に人の道を説く場所らしいのですが、ゴールデンカムイの影響か鎖デスマッチの印象が強い。

監獄食堂で監獄食

昼食は網走監獄内の監獄食堂です。

美味しそうなメニューが色々ありますが、ここで食べるならやはり監獄食ですね。

監獄食Aセット。質素ですが、栄養価は高そう。味もよかったです。

斜里町内のクリオネキャンプ場で一泊

網走監獄の見学を終えて、網走市内のローソンで充電。実は今日はライダーハウスに泊まろうと思っていたのですが、どうやら閉鎖しているらしく、キャンプ泊することにしました。昨日も電源のない列車泊だったので、モバイルガジェットのバッテリーが心もとない。キャンプ場まで40kmほど走るので、追加で補給もしておきました。

延々と走ると約2時間。斜里町へ。

約130km走って斜里町のクリオネキャンプ場へ。ここにあった温泉付きライダーハウスが閉鎖されてしまっているのは残念です。

受付で申請。テント一泊300円で泊まれます。

デッキの上に張らせてもらえたので、グランドシートも汚れずにすみました。

コインランドリーも完備。洗濯機は100円で45分稼働可能。乾燥機は100円で30分稼働する時間制でした。

斜里町市街地から近いので、晩ご飯はセイコーマートのカツ丼です。

食事の後は、お風呂。斜里温泉へ。ここも泉質はツルツル。湯冷めもしにくくで気持ちよかったです。

スポンサーリンク
北海道 日本一周
ノブをフォローする
ツール・ド・気ままに

コメント

タイトルとURLをコピーしました