サイクリング用に軽くてコンパクトな財布 R250 トライフォールド ミニワレットをチェック!

自転車グッズ
スポンサーリンク

こんにちは。ノブです。

外出時の持ち物の必需品と言えばお財布ですね。電子決済が浸透してきてはいますが、サイクリングに出かけると現金決済だけのお店も少なくありません。
必要最低限の現金やカードをもっと手軽に持ち運べる方法はないものか。調べていると、ワールドサイクルさんのブランドR250から超軽量のお財布が発売されていました。

R250 トライフォールド ミニワレット

スペック・特徴

ようやく日本でもキャッシュレス時代が到来。「なんちゃらペイ」をスマートフォンにインストールしてあれば、コンビニや全国チェーンの飲食店ならほぼほぼ現金要らずのキャッシュレス。こんな時代には大きな財布に大量のカードと小銭を持ち歩くのではなく、小さい財布でスマートにサイクリングに出かけたいですね。
R250ではスマートフォンと、お札を折らずに入れられるスマートライドポーチが人気ですが、iPhoneXシリーズから防水にもなったことですし、スマホは入らないけどミニマルサイズのお財布を開発しました。それがこのトライフォールド ミニワレット。
カード入れは2列。1列にクレジットカード2枚は入るので、最大で合計4枚。
お札は最大10枚程度。
小銭は500円、100円、10円ざっくり合わせて10枚以下が使いやすく、最大でも14枚程度になります。小銭入れはあえて大量に入らないように、コンパクトサイズにデザインしています。
素材:アーガイルリップストップ4層構造、撥水加工。
サイズ:70x98mm(開くと210x98mm)
重量:20g(10円玉4枚分)

出典ワールドサイクル公式サイトより

R250 トライフォールド ミニワレットを選んだ理由

選んだ理由はもちろん、圧倒的な軽さです。お札、カード、小銭が必要最低限入り、なのにコンパクト。その点に惹かれました。

インプレ・フォトギャラリー

手の取って感じる20gという圧倒的な軽さ。手に収まる70x98mmのコンパクトさも良い感じです。

裏面はこんな感じ。

広げてみました。こちらは折り畳まれていた内側の方です。左側がカード入れ。右側に小銭入れがあります。

そして、広げた状態の裏面です。こちらには収納スペースはないようです。

小銭入れを開いてみました。商品紹介にもあるとおり、かなり小さめに作られています。

小銭入れとは反対側にあるカード入れ。あまり広げることができないので、やはり1スペースに2枚が限界のようです。

紙幣入れは大きく広がるように作られています。

重さは19.7g。軽いですね。ロードバイクの軽量化を検討している人は、この財布に変えるだけでも効果がありそうです。

比較のために普段使いしている財布の重さも量ってみました。これも軽い財布ですが、それよりも断トツで軽いですね。

実際に使ってみる

小銭入れのスペース確認のために、小銭を用意してみました。100円玉10枚、10円玉5枚、それに500円1枚の合計16枚です。

最大14枚とのことでしたが、用意した種類の硬貨だと全部入りました。

16枚を入れた状態でボタンを留めることもできました。ちょっと窮屈な感じになったので、商品説明の通りの枚数くらいが丁度良いですね。

カード入れスペースに入れられるカードは合計4枚まで。サイクリング中に使うカードは限られているので十分なスペースでした。

サイズの関係でカード入れに入らなかった紙のポイントカードは紙幣の方へ移しました。

サイクルジャージのポケットにもすんなり入ります。ポケットにスペースが生まれて、補給食を余分に持って行けそうです。

使ってみての感想

軽くてコンパクト、それに財布としての使い勝手は十分に考慮されている感じがします。敢えて小さめ設計の小銭入れは、入れられる量は限られますが取り出しやすくて便利です。普段使いの財布も小銭入れが小さいのですが、小銭を上手く使って減らそうと心掛けるようになりますので、財布の軽量化にも貢献するようになります(笑)
ただ、グルメポタをすると小銭が思いのほか貯まってしまうこともありますよね。そういう人には、同じR250ブランドで防水スマートライドポーチが発売されていますので、たくさん硬貨を持ちたい場合はポーチの方が便利でしょうね。サイクリングの目的に合わせて使い分けするのが良いかも知れません。
あと、紙のポイントカードがカード入れに入らなかったのはちょっと残念でした。サイズに規格がないものだから仕方ないのですが、汗や雨から紙のカードを守ることのできる大きめの防滴スリットがひとつあると、さらに便利だったかもしれません。

自転車グッズ
🚴ブログランキングに参加しています!🚴
ランキングボタンを押して頂けると、日々の励みになります!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
この記事をシェアする
この記事を書いた人
ノブ

『ろんぐらいだぁす!』をきっかけに2017年春からロードバイクを始めたキャンプと旅とサブカル好きなサイクルツーリスト。
グルメと絶景を求め各地を巡るロングライド自転車旅行記にブルべ挑戦記、サイクリングの便利グッズやキャンプギアのインプレ、自転車関連の書籍や映像作品のレビューをブログ『ツール・ド・気ままに』で公開中。
2019年に日本一周自転車旅15,594km(172日間)を完走。次の目標はブルベの最高峰PBPです!

◇所有自転車
KhodaaBloom FARNA 700-105
Birdy Standard Disc

このブログをフォローする
ツール・ド・気ままに

コメント

タイトルとURLをコピーしました