一人二役 テールライト一体型ポータブルポンプ TOPEAK MiniRocket iGlow のレビュー

こんにちは。ノブです。

出先のパンクに備えて1つは持っておきたいのがミニポンプ。しかし、使う機会はそれほど多くありません。フレームなどに取り付けると、いかにもポンプ携帯していますって主張してくるんですよね。もうちょっとスマートに収納できるポンプはないものかとあれこれ探し、気が付けばミニポンプだけで3つ持っていたりします。
そんなミニポンプ沼にハマった僕がたどり着いたのが、シートステーに取り付けて一人二役してくれるテールライト一体型ポータブルポンプ MiniRocket iGlow で、もう手放せないくらいに愛用しています。

TOPEAK MiniRocket iGlow

スペック(公式サイトより引用)

ミニロケット iグロウ スペック・ 仏式専用口金
・ 最大160psiまで充填可能
・ アルミ合金製 サムロック機構
・ ポリカーボネイト シリンダー
・ フレーム装着用クランプ付属 (YPP17800)
・ シートポスト & シートステー装着用 ラバーストラップ付属 (YPP16500)
取付可能径 : Ø15~25.4mm x 2個、Ø25.4~34.9mm x 2個
・ 0.5W レッドLED
・ 点灯 / 点滅の 2モード 点灯時間:50時間、点滅:100時間
・ モニター用 コイン形 リチウム電池 2個付属 (CR2032)
・ L173 x W30 x H24mm
・ 67g

インプレ・フォトギャラリー

ポンプ本体と付属品です。透明なシリンダーの内側から見えるファイバーライトが近未来っぽくて個人的に気に入っています。

電池は握り口の部分を外して入れ替えます。

ちなみにポンプとしての使い方は、他のミニポンプと大差ありません。チューブのバルブを緩めてポンプの口を差し込み、レバーを立てて固定します。この状態で空気を充填する。ミニポンプにフット固定式のがありますが、あれと比べたら入れやすさはよいとはいえません。万が一の措置だと割り切っています。あとは体力勝負です。

自転車への取り付け方

取り付けはとてもシンプルです。二つあるポンプ固定具をラバーストラップで止めるだけ。シートステーにはラバーストラップの小を使いました。

こちらはポンプの口側の固定具です。同様にラバーストラップで止めていきます。

取り付けが完了しました。ここにポンプを固定します。

ポンプを固定するとファイバーフレアそのもの。ミニポンプを携帯しているようには見えません。

デモ

注意点

僕が購入する際、購入サイトのレビューに「いつの間にか、落ちてなくなった」といった意見を見かけました。確かに既存の固定具だけでは心許ない感じなので、ベルクロを巻いて補強しています。そのおかげか、今のところ一度も落下したことはありません。

このアイテムを使って走ったロングライド・旅レポ

リアライト代わりにしているので、どこへ走るにも必ず持って行っています。というか常につけっぱなしなので、ポンプを携帯している感覚すらない感じです。

7月3連休を利用し2泊3日のロングライド。自転車旅1日目のライドレポです。35℃を超える酷暑の中、東京都大田区から自走で栃木県宇都宮市まで約147kmを走りました。道の駅「西方」で食べたとちおとめジェラートと「みんみん」の宇都宮餃子は最高でした。
GW4泊5日自転車旅の1日目のライドレポです。大田区(東京)から荒川CRと利根川CRを経由し、碓氷峠をヒルクライムして軽井沢(長野)へ。そして小諸市(長野)までの約217kmを走りました。碓氷峠の観光スポット「めがね橋」は必見です。
今回の旅レポは、大タルミ峠(大垂水峠)へヒルクライムです。高尾から国道20号を走り相模湖へ抜ける道中にある大タルミ峠は、斜度もキツくなく距離も短い初心者向けの峠で、東京都大田区からは多摩川CRと浅川CRを使えば楽に行けるため、力試しにちょくちょく登っていた峠です。
東京都大田区から鶴見川CRと境川CRの2つのサイクリングロードを使い、ろんぐらいだぁす!でも有名な飯田牧場までジェラートを食べに行くグルメライドです。全行程107kmのロングライドですが、車道をなるべく通らないので初心者にオススメなルートです。

関連コンテンツ



シェアする

フォローする

スポンサーリンク