マジックワン Clever ChainBarrel 超小型のチェーンカッターのレビュー

こんにちは。ノブです。

サイクリング中のトラブルって、大変ですよね。
これまでパンク対策は行ってきましたけど、チェーン対策はしてきませんでした。だって、チェーンが切れるトラブルなんて早々起こらないくせにチェーンカッターって大きくて嵩張る。じゃあ携帯しないでいいじゃん。
と思ってきたのですが、なんと携帯ツールケースに収納できる超小型のチェーンカッターを見つけてしまいましたので、レビューしたいと思います。

Magic one(マジックワン) CLEVER CHAIN BARREL クレバーチェーンバレル

インプレ・フォトギャラリー

こちらが今回購入したチェーカッターです。

使い方は裏面に記載がありますが、5mmのアーレンキーと固定用に15mmのスパナが別途必要なようです。もしくは同じ Magic one から発売されているタイヤレバーでもバレルの固定が可能です。

チェーカッターを取り出してみます。こうして手で持つとその小ささが分かるかと思います。

縦にスリットがあり、ここにチェーンを挟み込んで捻って切るようです。

重さはたったの46g!

パーツを分解してみました。たった3つで構成されているとてもシンプルな構造です。

一般的なチェーンカッターと大きさを比較してみます。あまりにも小さく、そして形状の違いに、同じ用途で使うツールには見えません。

使い方のデモンストレーションです。と言っても、要らないチェーンが手元にないので、こんな感じに使いますというくらいの認識でお願いします。まずは、チェーンカッターを分解して、スリットのあるパーツをチェーンに取り付けます。

次に残りのパーツを取り付け、アーレンキーを先端にセット。この状態で、スリットのあるパーツを固定しつつアーレンキーを捻ることでチェーンを切ることができます。

ただ、上の写真だとアーレンキーがしっかり回らないので、反対側を固定する必要があります。今回は同じ Magic One のタイヤレバーで固定してみます。

タイヤレバーも合わせて使ったところ。本来ならタイヤレバー側を手で押さえないといけないのですが、カメラを固定する場所がなくて断念です。

携帯ツールケースに入れてみました。小さすぎて何の工夫もなく、収納できました。

また、15mmスパナの代わりとしてバレルの固定に使ったタイヤレバーもレビューしています。

サイクリング中のトラブルで多いのはパンクですが、チェーントラブルについては放置されがち。なら、パンク修理とチェーン修理のどちらにも役立つタイヤレバーがあったら? そんな一人二役を実現する Magic One Magic Leverのレビューです。

とりあえず、ここまで。チェーン交換の時期になったら、要らないチェーンでいろいろ試してみたいと思います。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク