【レビュー】ASSOSシャモアクリームで股ずれ対策!

虫よけ・ケア用品


こんにちは。ノブです。

ブルベのような長距離サイクリングでは、パッドと肌が擦れて股ずれが起こることがあり、そうなると痛みや痒みで走行に影響が出てしまいます。

今回は、去年のブルベから使用していたASSOSのシャモアクリームをレビューしていきます。

ASSOS シャモアクリーム

スペック

内容量 200ml
Made in Switzerland

<成分>
水溶液 ~ 50%
水添ポリデセン 5~10%
合成ベースワックス 1~5%
オクチルドデカノール 1~5%
ステアリン酸グリセリルカテゴリ SE 1~5%
グリセリン 1~5%
プロピレングリコール 1~5%
セチルアルコール 1~5%
ポリソルベート 60 1~5%
シクロペンタシロキサン 1~5%
乳酸メンチル 1~5%
フェノキシエタノール 0.1~1%
パンテノール 0.1~1%
ジメチコン/ビニル/トリメチルクロスポリマー/メンソール 0.1~1%
ハマメリス水 0.1~1%
酢酸トコフェロール 0.1~1%
ブチルヒドロキシアニソール 0.1%以下
変性アルコール 0.1%以下 

<使用上の注意>
1.肌に直接塗らないで、パッドの方に適量を塗布し、クリームをパッドに馴染ませてください。
2.肌に異常が出た場合は、直ちに使用を中止し、医師にご相談下さい。
3.製品は未開封の状態では、30ヶ月以上の安定性があります。
 開封後は、出来るだけ12ヶ月以内に使い切って下さい。
 開封後時間が経過すると、水分が蒸発し油脂分が強くなります。(多少ベタツキ感が強まりますが、使用には問題ありません。)
4.開封後は、直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管して下さい。

出典ASSOS PROSHOP TOKYO

購入動機

これまでは、Chapeau!のシャモアクリームを使ってきました。丁度使い切ったこともあり、別のシャモアクリームも試してみたいと考え、定番ではありますが、ASSOSのシャモアクリームを購入してみることにしました。

パッケージについて

2021年秋からパッケージがリニューアルされていて、デザインから変わっています。内容量も140ml→200mlとなりました。写真はリニューアル前に購入したもので140mlです。

ですが、リニューアルしたのはパッケージのみで、中身は一緒とのことです。

クリームとしては固形物感が強めで、指で掬っても崩れません。Chapeau!のシャモアクリームは水分量多めのしっとりとしたタイプだったので、真逆な感触です。

指で擦り続けてみると滑らかになりました。

どれくらいの距離から使う?

シャモアクリームを使うのは200km以上を走るときが多く、それ以下なら塗らずに走っていることがほとんどです。

特にブルベは自転車に乗っている時間が長く、距離が伸びるほど体に不具合が出やすくなるので、その影響を最小限に抑えるために用いることが多いです。

塗り方・塗るポイントは?

パッドに塗っていくわけですが、お尻の形状や関節の動き、利用しているサドル等によって肌が接触する場所は変わります。どこにどのくらいの量を塗るかは人それぞれで、過去の経験から擦れたポイントを重点的に塗るのがベストだと思います。

自分の場合はお尻よりも、太股の付け根や陰嚢と肛門の間の部分を重点的に塗っていくようにしています。また、たっぷり塗るよりも薄く色が付く程度にしています。

実際に塗ってみると、水分の多いChapeau!の方が満遍なく塗りやすいなと感じました。ASSOSは固まりができてしまうので、バターを塗っているかのようです。塗りムラはあるものの、最終的にパッドに染み込むので気にする必要はないのかもしれません。

着け心地

塗ったパッドを履いてみると、直後はスースーする感じがします。しばらくすると清涼感は消えて肌に馴染んできて気にならなくなりますが、この清涼感が苦手な人はいるかもしれません。

実際にサドルに跨がっても肌がベタ付くような不快感もなく、走行中に気になることはありません。固めのクリームのためか、Chapeau!よりも持続性はあるような気がしています。

塗り直しのタイミングは?

秋冬や春先の晴れの日であれば、だいたい200~300kmに一度塗り直しています。

また、夏場や雨天の中であれば汗や雨で肌がふやけることを考慮し、短いスパンでトイレ休憩等を用いて塗り直すこともあります。

その際、100均にある小瓶なんかに分けて携帯しておくと便利です。塗り直し時は既にパッドは肌と接触していますので、必要量を1度に取って塗った方が衛生的ですので。

まとめ

最近のパッドは肌触りも良く優秀で、クリームの有無でどこまで差が出るかは未知数ですが、付けることで衛生面を保つことができますし、距離が長くなればなるほど股ずれを防止してくれるように感じています。

個人的には200km以上走る機会はそこまで多くないので、一度買えば長く使うことができる点でも、とりあえず持っていて損はないかなと思っています。

もし、この記事を読んでいる方で、短い距離で股ずれするようであれば、パッドの大きさや形が合っていない、サドルが体に合っていない、ペダリングフォームが崩れているといった要因も考えられますので、多角的に原因をチェックしてみた方がよいかもしれません。

虫よけ・ケア用品
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事をシェアする
この記事を書いた人
ノブ

『ろんぐらいだぁす!』をきっかけに'17年春からロードバイクを始めたサブカル好きなサイクルツーリスト。
 
グルメと絶景を求め各地を巡るロングライド自転車旅行記にブルべ挑戦記、サイクリングの便利グッズやキャンプギアのインプレ、自転車関連の書籍や映像作品のレビューをブログ『ツール・ド・気ままに』で公開中。
 
'19年に日本一周15,594km(172日間)を完走。'20年からブルベに参加し、'20~'21年はSR獲得。ブルベの最高峰PBP完走が今の目標です!

キャンプ、登山、それに乗馬も少しずつ始めています。
 
◇所有自転車
KhodaaBloom FARNA 700-105
Birdy Standard Disc
 
ヘッダー画像のキャラクターは『びわっこ自転車旅行記』の大塚志郎先生に描いていただきました。
 
フォローはこちらから▼

このブログをフォローする
ツール・ド・気ままに

コメント