KhodaaBloomオフィシャルサイトにインタビュー記事が掲載されました!
当サイトには広告が含まれます

【レビュー】R250 防水トップチューブバッグ レギュラー グレー

バイクパッキング


こんにちは。ノブです。

今回のレビューはR250の防水トップチューブバッグです。現在、R250では最新のトップチューブバッグ2が商品展開されていますが、紹介するのは旧版のトップチューブバッグの方です。この旧版を購入して1年ほど使ってきたので、使用感をまとめていきます。

R250トップチューブバッグレギュラーグレー

スペック

素材:ポリエステルタスロン、ポリエステル100% 裏面PUコーティング

サイズ:長さ210mm x 高さ110~70mm x 幅45mm

重量:105g

カラー:杢グレー

  • フォークコラムへの取り付けをフロート構造にすることで、ハンドルリングに影響を受けないトップチューブバッグができました。ベルトの取り付けが独特です。
  • トップチューブとステム(フォークコラム)に取り付けます。スマホや補給食等を入れるのに便利。
  • 独自の防水コーティングされたファブリック素材を、縫製ではなく溶着することで完全防水を実現しています。糸による縫製を行わず、素材を重ね合わせて溶着させる独自の技術です。
  • フォークコラムの角度にピッタリ沿うオリジナルデザイン。さらに、コラムスペーサーへの取り付けには、ベルトを2本にすることで、バッグの揺れを抑えます。スペーサーを付けずにステムを一番下まで下げている場合は、上側のベルトは外すこともできます。
  • 上面が平らなトップチューブにも、丸いトップチューブにも安定するように、底の硬さとベルクロの形状を工夫しました。
  • 止水ジッパーを使用しているので、少しの雨なら大丈夫。ジッパーの取っ手は指を入れるだけで引っ張ることのできるタイプ。特に冬のグローブで便利です。
  • 予備バッテリーを入れたときに便利な、コードを通す穴があります。最初に穴が開いていない場合は、溝に沿ってカッターで切り込みを入れてください。
  • 両サイドのR250ロゴはリフレクター素材。夜間車などからの視認性は抜群です。
  • 全体に芯材を仕込んでいるので、型崩れがしにくい。
  • 内側の生地が黄色なので、中身が見えやすい。
  • 使い勝手を考えると、中の仕切りはあえて付けませんでした。

出典ワールドサイクル公式サイト

購入動機

初めて買ったトップチューブバッグは、トピークのトップローダーでした。トップチューブのデッドスペースを活用できて便利なのですが、自分には少し大きく、停車時に股間に当たるのがストレスで使わなくなっていました。

とは言え、トップチューブのスペースは有効活用したい。以前よりもコンパクトなサイズを選べば良いと考え直します。

ブルベなどで雨天を走る自分にとって、バイクパッキングには防水仕様を求めることが多いですが、候補としてR250やアピデュラがありました。

アピデュラは優秀ですが、これまでR250シリーズで揃えてきているので、今回もR250からトップチューブバッグを選ぶことにした次第です。

外観レビュー

こちらがR250のトップチューブバッグ。これは一世代前のバージョンで現在はトップチューブバッグ2が販売されています。

新旧の違い

新旧で共通点は多いですが、新バージョンの2では以下の違いがあります。

  • 外観(主に上面)のデザインが変更
  • サイズ変更(幅が45mmから40mmに変更)
  • ダボ穴に対応

続いて、裏側はこんな感じ。フレームとの固定は前後のベルクロ2本で行います。後ろ側のベルクロは縫いつけられて位置固定ですが、前側のベルクロは取り外すことができます。外したベルクロは、前側2ヶ所ある通し穴を自由に選ぶことができるようになっていました。

前方の中央にはケーブルを通す穴が開いています。またコラムへの固定は、細めのベルクロ2本を用いる仕組みです。

内部。間仕切りはなく両サイドが黄色になっています。底と壁面の色が明確に分かれていて、中が見やすくなっています。

ジッパーは止水式です。始点の部分はカバーされ、水が入りにくく加工されています。

使ってみた感想

取り付けにコツがあるが、慣れれば簡単

コラム側の固定に、ほんの少しだけコツがあり、コラムをベルクロで巻くのではなく、バッグとベルクロでコラムを押さえるように固定します。

説明書も付属しているので、慣れれば意識せずに巻くことができるようになります。

トップチューブバッグとの干渉は?

R250のインナーフレームバッグを以前から運用しており、ベルクロ同士が干渉して取り付けられないのでは?と心配していました。ですが、トップチューブバッグ底のベルクロの位置は前後に移動が可能なため、干渉を避ける形で問題なく取り付けることができました。

ほどよいサイズ感でズレにくい

信号停止時に足を着いてもトップチューブを潰してしまうことがなく、自分にとっては縦の長さはベストサイズでした。また、固定もしっかりしてるのでズレにくく、フレームからはみ出さない横幅なので、漕いでいても足に干渉することもありません。

停車中にストレスなく補給食を取り出したりできますし、ちょうどよい深さなので、手を突っ込めるくらいジッパーを開けておいても補給食が落ちません。なので、走りながらでも補給食を取り出すことができます。

また、モバイルバッテリーやスマホを入れておくにも便利です。夏場は背中が汗でびしょびしょになるのを避けられますし、取り出しやすい位置に置けるのでストレスもありません。

防水性・耐久性もよい

1年間使い続けていますが、擦り切れたりすることもなく防水性が損なわれるような損傷は出ていません。今も問題無く使うことができています。ブルベをメインして使っていて、PBPで1200km走った時にも使っていました。耐久性は申し分ないかと思います。

雨の日でも使っていますが防水性も十分。もちろん、ジッパーを完全に閉め、ケーブルの穴をしっかりと塞いでいることが大前提ですが、内部が水没するような事態にはなっていません。

ベルクロを無くなさないよう注意

底の太いベルクロとコラム側の細いベルクロ2本は、引っ張ると穴から簡単に抜けます。ロードバイクから取り外す際にベルクロも一緒に外れてしまい、そのまま放置したあげく、後日、部屋の中を探し回った経験があります。

散らかしていた自分が悪いのですが、家に似たようなサイズの黒いベルクロがいくつもあるため、どれだか分からなくて途方に暮れました。いつか輪行の際にポロッと落として帰ってきそうですね……。

まとめ

PBPに参加した際も、このトップチューブバッグを運用。補給食の持ち運びに重宝しました。適度なサイズ感と防水性を兼ね備え、運用しやすいトップチューブバッグです。

このバッグは1世代前で、現在はトップチューブバッグ2が販売中。こちらはデザインが若干変わった他、ダボ穴にも対応しています。

バイクパッキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事をシェアする
この記事を書いた人
ノブ

ろんぐらいだぁす!をきっかけに'17年春からロードバイクを始めたキャンプ、登山、サブカル好きなサイクルツーリスト。
 
ウマ娘から競走馬に魅了され、引退馬支援活動を'22年から開始。馬産地巡りが最近の楽しみです。
 
◇出身地
北海道(現在は東京都在住)
 
◇自転車歴
'19年 日本一周約1.5万km完走(172日)
'20年 ブルベ挑戦
'20~'23年度SR獲得
'23年 PBP完走(86時間49分)
 
◇所有自転車
KhodaaBloom FARNA 700-105
KhodaaBloom STRAUSS PRO RACE2
Birdy Standard Disc
 
◇引退馬支援活動
'22年~NPO法人引退馬協会のFP会員。タイキポーラ、ナイスゴールドの2頭を支援中。
 
  
フォローはこちらから▼

このブログをフォローする
ツール・ド・気ままに

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。