KhodaaBloomオフィシャルサイトにインタビュー記事が掲載されました!
当サイトには広告が含まれます

Panaracer AGILEST乗り比べレビュー!DURO・TLR・LIGHTの違いを体験してきた!【サイクルモード東京2023】

タイヤ・ホイール

こんにちは。ノブです。

2023年の4月15日・16日に東京ビッグサイトで開催されたサイクルモード東京2023にて、PINARELLO JAPAN×Panaracer コラボ企画の『AGILEST乗り比べ体験』をしてきました。今回は乗り比べ体験レポートです。

企画参加の経緯

この企画を知ったのは、3月に開催されたサイクルモードライド大阪の告知でした。AGILEST(TLR・DURO・LIGHT)3シリーズの乗り比べすることができ、純粋にタイヤの乗り心地の違いを体感できる貴重な機会です。

それがサイクルモード東京でも開催と聞いて抽選に応募し、運良く試乗機会をいただくことができました。

Panaracer Corporation パナレーサー株式会社
自転車用タイヤ・チューブおよびサイクル用品の製造~販売を手がけるPanaracer(パナレーサー)。多彩なラインナップを紹介。

AGILEST 試乗3種スペック比較

まずは、試乗したタイヤ3種類のスペックを簡単に紹介しておきます。今回乗ったのはすべて28Cとなっています。

AGILEST DUROAGILEST TLRAGILEST LIGHT
タイプクリンチャーチューブレスレディクリンチャー
サイズ700×28C700×28C700×28C
重量250g250g190g
耐パンクTough & Flex Super Outer Shield
Pro Tite Belt
無し
Tough & Flex Super Belt
コンパウンドZSG AGILE CompoundZSG AGILE CompoundZSG AGILE Compound
試乗したタイヤのみ掲載。商品ラインナップではありません。

また筆者のこれまで着用してきたロードバイク用タイヤを列挙しておきます。以下、TLRと記載のないものはすべてクリンチャーです。

  • MAXXIS RE-FUSE(25C)
  • Michelin POWER Endurance(25C)
  • Panaracer GRAVELKING(25C)
  • Panaracer AGILEST DURO(25C)
  • Continental UltraSport2(25C)
  • Continental GrandPrix5000 TLR(25C)
  • Continental GrandPrix5000(25C)※現在のメイン

■ Continental GrandPrix5000(25C)の個人的な評価点

アジリスト3種類の乗り比べではありますが、現在メインとしているGP5000(25C・クリンチャー)が頭にチラつくのは確実なので、予め以下のような評価点を付与しました。3種についても、あくまで個人の感想ですが、同様に採点したいと思っています。

転がり抵抗の良さ:4.5

振動吸収:3.5

操作性:4.0

グリップ力:3.0

試乗手順と試乗車について

試乗するタイヤの順序は予め決められており、パナレーサーブースで借りたロードバイクで試乗コースを1周に走り、再びブースへ。そこでタイヤ装着済のホイールをスタッフさんが換装し、再び試乗コースへ向かうという感じでした。

サイクルモード東京2023パナレーサーブース

また、PINARELLO JAPANとのコラボ企画ということで、試乗車は『PINARELLO PARIS』です。

試乗車のPINARELLO PARIS

試乗車の共通部分は以下の通りです。

  • 試乗車:PINARELLO PARIS(※選択したサイズは49)
  • ホイール:FULCRUM RACING ZERO
  • タイヤサイズ:すべて28C
  • チューブ:パナレーサーR’AIR(※クリンチャーのみ)

試乗コースについてですが、東京ビッグサイトの西と南ホール内の一部と屋上を繋いだ特設コースが作られています。会場マップをご覧になると分かりますが、狭い箇所が多いです。それに多数の試乗車が入り乱れているため、乗り心地を確かめるための急加速、急停車は行っていません。あくまで試乗の範疇での乗り心地比較となります。

東京ビッグサイトの特設試乗コース

AGILEST DUROの試乗体験

最初に試乗したのは、AGILEST DURO(28C)です。『荒れた路面やロングライドなどに対応した高い耐パンク性を持つ』(パナレーサーHPより)のが特徴。DUROは個人でも購入しており、ブルベにも投入して走ったことがあります。

まずは漕ぎ出し。最初のひと漕ぎ目は地面に吸いつくような”ねっとり”とした感触がします。これは個人購入のDUROでも同じ感覚だったので、アジリスト独特のものなのでしょう。

そのねっとり感もスピードを上げていくに連れて薄れていきます。ぐんぐん加速するというよりも路面を正確に掴みながら堅実に上がっていくという感覚で、あまり踏みすぎると逆に疲れやすくなりそうな印象なため、やはりツーリングなどに向いていると思います。

ただ、このねっとり感はなにも悪いことではなく、コーナーなどで減速して曲がるときに路面をしっかりと捉えてくれています。このグリップ力の高さは、普段使っているコンチネンタルのGrandPrix5000より優れていると改めて感じることができました。

転がり抵抗の良さ:3.0

振動吸収:4.0

操作性:3.5

グリップ力:4.0

AGILEST TLRの試乗体験

続いて試乗したのは、ノーマルなアジリスト(28C)。『あらゆるライドシーンに幅広く性能を発揮する』(パナレーサーHPより)というマルチな能力が特徴で、試乗したのはクリンチャーではなく、チューブレスレディになります。

まず、これまでアジリストに感じていた漕ぎ出しのねっとり感がありません。地面を捉えている感覚はありますが、力を加えて走り出すというよりも、最初の踏み込みがダイレクトに伝わっていて気持ちが良いです。この転がり抵抗の軽さはコンチネンタルのGrandPrix5000に近い気がします。

加速性も申し分なく、踏めば伝わる軽快感がありました。それでいて、乗り心地が良く、流石はTLRといった印象です。

それに、あの“ねっとり“は感じないのに、コーナーなどで減速して曲がるときに路面をしっかりと捉えてくれていました。全体的にバランスがよく快適で、3種の中でも一番気持ちの良い乗り心地だったと思います。

転がり抵抗の良さ:4.0

振動吸収:5.0

操作性:4.0

グリップ力:4.0

AGILEST LIGHTの試乗体験

最後に試乗したのが、『圧倒的な走りの軽さを実現する』(パナレーサーHPより)が売りの最軽量タイヤのアジリストLIGHTです。

漕ぎ出しはDUROに似たねっとりとした感覚が少しだけありましたが、DUROと違ってすぐに消えて軽快感に変わりました。加速した時にグンと伸びがあって、その点もDUROとは違いました。

また、これはタイヤの重さによるものかもしれませんが、DUROに比べると、自分の曲がりたかった感覚でコーナーを回ってくれるような、細かなハンドリングのしやすさを感じました。

また、乗り心地で言えば、TLRの次に乗ったこともあって顕著に感じられます。小さな段差も大きく感じるというか、TLRの振動吸収性の良さが際立ちます。また、DUROと比較しても、若干ですがDUROに軍配が上がるように思えます。限界まで軽さを重視した仕様なので、レース向きと考えた方が良さそうですね。

転がり抵抗の良さ:4.0

振動吸収:3.0

操作性:4.0

グリップ力:4.0

乗り比べ企画のまとめ

まったく同じ条件でタイヤの違いのみを体感できるこのイベントに参加できたのは、貴重な機会でした。

ただ、純粋にアジリストの乗り心地を比べるなら、クリンチャーのアジリスト(ノーマル)も試乗対象に加えて欲しかったです。

下の表はアジリストTLRを中心にクリンチャーアジリスト、DUROTLRとの比較表です。耐パンクベルトやチューブの有無により快適性でノーマルのTLRが勝るのは明らかですし、ノーマルTLRと比較するならDURO TLRとするべきだったと思います。

AGILESTAGILEST TLRAGILEST DURO TLR
タイプクリンチャーチューブレスレディチューブレスレディ
サイズ700×28C700×28C700×28C
重量210g250g270g
耐パンクTough & Flex Super BeltなしPro Tite Belt
コンパウンドZSG AGILE CompoundZSG AGILE CompoundZSG AGILE Compound
表は28Cで試乗するならの仮定。商品ラインナップではありません。

クリンチャータイヤを今もメインに乗っている自分としては、この機会に純粋なクリンチャータイヤの比較ができなかったのは残念でした。ただ、自身でいくつものタイヤを揃えて比較するのは大変なことですし、企画自体素晴らしいものでしたので、今回限りにせず継続して開催して欲しいなと思います。

タイヤ・ホイール
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事をシェアする
この記事を書いた人
ノブ

ろんぐらいだぁす!をきっかけに'17年春からロードバイクを始めたキャンプ、登山、サブカル好きなサイクルツーリスト。
 
ウマ娘から競走馬に魅了され、引退馬支援活動を'22年から開始。馬産地巡りが最近の楽しみです。
 
◇出身地
北海道(現在は東京都在住)
 
◇自転車歴
'19年 日本一周約1.5万km完走(172日)
'20年 ブルベ挑戦
'20~'23年度SR獲得
'23年 PBP完走(86時間49分)
 
◇所有自転車
KhodaaBloom FARNA 700-105
KhodaaBloom STRAUSS PRO RACE2
Birdy Standard Disc
 
◇引退馬支援活動
'22年~NPO法人引退馬協会のFP会員。タイキポーラ、ナイスゴールドの2頭を支援中。
 
  
フォローはこちらから▼

このブログをフォローする
ツール・ド・気ままに

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。