サプリメントのすすめ 疲労やストレスに負けず健康を維持して自転車ライフを楽しもう!


こんにちは。ノブです。

上の写真はリビングテーブルの引き出しの中です。所狭しと並ぶサプリメント。ちょっと「うわぁ………」って引きますよね(笑)

皆さんは仕事がきつかった日や身体を動かした次の日、体に疲れが残っていたりしませんか?
僕も20代の頃は会社に泊まり込んで仕事をしたり、夜通しお酒を飲んだりしたものですが、30代になってからは寝不足が辛かったりやお酒も次の日に残りやすくなりました。それに物忘れも多くなったような気もします。「あれ」「これ」「それ」が増えましたし(笑)
日々、実感していく体と頭の衰えを少しでも抑えようと、30代になってすぐに取り組んだのは、効率よく栄養を摂取できるサプリメントでした。
そこで、サプリメント生活を続けて6年以上になる僕が、いろいろ試した中で今も摂取しているサプリメントをいくつかご紹介したいと思います。

不足しがちな栄養をまとめて補給

マルチビタミン・ミネラル

ディアナチュラ ストロング 39種アミノ マルチビタミン&ミネラル 100日分 300粒

トップバッターはディアナチュラのマルチビタミン&ミネラルです。39種類もの成分が含まれているバランスの良さもそうですが、ビタミン剤特有の臭いもなく、小粒で飲みやすくて、今、一番飲んでいるサプリメントです。忙しいときはコンビニだったり外食に頼りっきりになるので、栄養バランスを整えるためにも毎日飲んでいます。

スーパー マルチビタミン 120粒 アーウィンナチュラルズ

続いて紹介するのは、アーウィンナチュラルズのスーパーマルチビタミン。アメリカでもっとも信頼されるビタミン&ミネラルメーカーで、ノーベル賞を受賞し“ビタミンの父”と呼ばれたライナス・ポーリング博士によって開発された、との触れ込みで購入してみました。
ちょっとビタミン臭のするサプリメントですが、飲むとスッキリして目が冴えるような感覚があります。ビタミンとミネラル以外に、ローヤルゼリーやガーリック粉末など滋養強壮に効果のある成分に加え、カフェインといった成分も含まれている影響かもしれません。毎日飲んではいませんが、ここぞというときに飲むようにしています。

代謝の良いからだを作るために

カプサイシン

唐辛子に多く含まれているカプサイシンですが、唐辛子を摂取すると辛みが真っ先にやってきます。サプリメントにするとそうした刺激もなく身体の代謝を上げてくれて便利です。朝に適量を飲んでおけば、カロリー消費効率を上げてくれます。平日の通勤をちょっとした運動にできればと思って飲み続けています。

L-カルニチン

ラム肉がヘルシーとの触れ込みでこの栄養素を知っている方もいるかもしれませんが、L-カルニチンは脂肪酸をミトコンドリアに運ぶために使われる成分です。ミトコンドリアが脂肪酸をエネルギーに換えてくれることで、体脂肪を蓄えにくい身体を維持することができるようになります。年を取るにつれL-カルニチンが体内に貯蔵できなくなるらしいので、定期的に摂るようにしています。

強いからだとパワーを生み出すために

アミノ酸・BCAA

アミノ酸はタンパク質を構成する物質で、筋肉や皮膚などの材料になったり、健康の維持に活躍してくれる成分です。その中でバリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸はヒトが体内で作ることが出来ない必須アミノと呼ばれています。サプリメントでは摂取量が多くないので、筋力アップや持久力向上といった効果は得られにくいですが、日常でちょっと疲れやすいなと思ったときに手軽に摂れるので、常備しています。

アルギニン・シトルリン

アルギニンとシトルリンもアミノ酸の一種です。アルギニンは成長ホルモンの分泌を促したり、たんぱく質の合成に影響を与えてくれるアミノ酸です。また、シトルリンはアルギニンと深い関わりがあり、オルニチン回路と呼ばれる反応の中でシトルリンからアルギニンに変換されることで一酸化炭素を生産します。その効果で血管を拡張させてくれるので、乳酸を消費して疲れにくい体にする効果があります。なので、運動前後に摂取するようにしていますが、一粒がとてもデカい。飲み込めずにカプセルを割ってしまったことが多々ありますが、味はゲロまずでした(笑)

ストレスを和らげ快眠して早起きになるために

セントジョーンズワート

セントジョーンズワートというハーブにはストレスを和らげてくれる効果があります。紹介するサプリメントには、セントジョーンズワートに加え、GABAが含まれていたり、グリシン、トリプトファンといった睡眠にかかわる成分も含まれています。ロードバイクが趣味になったことで早起きして走る癖がついたのですが、なかなか寝付けないこともあって、就寝の1~2時間前に飲んでいます。サプリメントなので劇的な効果は期待できませんが、早く寝られるようになったのは、飲んだことによる安心感だったりプラシーボ効果も大きいように思えます。

お酒を次の日に残さないために

亜鉛

亜鉛の効果は多種多様です。味覚を正常に保ったり、ビタミンAの代謝を促進させ抗酸化作用や免疫力の向上させたり、たんぱく質の代謝を促進させて健康な肌や髪を作ったり、生殖機能、うつ病の改善といった効果があります。身体を動かせば動かすほど消費する成分なので積極的に摂りたいですが、取り過ぎると銅の吸収効率を下げたり亜鉛中毒になったりと弊害があるので、摂取量は気を付ける必要があります。なので、基本的にマルチビタミン&ミネラルで不足分を補えればよく、激しい運動やお酒を飲んだ後など、局所的に利用しています。

スルフォラファン

ピロリ菌を除菌したり、抗酸化作用や肝機能の改善に効果があると最近話題のブロッコリースプラウトの成分がスルフォラファンです。ブロッコリースプラウトを毎日食べるのは大変なので、サプリメントで代用しています。去年からほぼ毎日飲んでいるのですが、そのおかげか、直近の健康診断で肝機能は問題なしでした。さらにスルフォラファンにはスギ花粉がもたらす炎症を緩和し花粉症を予防する効果も期待できるので、自転車乗りなら摂りたい成分かもしれませんね。

仕事も勉強も集中して効率よく

スマートドラッグ

脳の認知能力や記憶力を高めてくれるサプリメントをスマートドラッグと言います。ちょっと怪しいと思われるかもしれませんが、医薬品ではなく、単なる栄養補助食品としてドラッグストアで購入できるもので副作用はほとんどありません。そもそも脳に作用する成分全般を指す言葉なので、コーヒーに含まれるカフェインや気分を落ち着かせるハーブもスマートドラッグの一つです。

オメガ3

常温で液体となる不飽和脂肪酸の中でαリノレン酸はオメガ3脂肪酸と呼ばれていて、EPA、DHAへ変換されます。EPAやDHAが頭に良いというのはかなり昔から言われていたことですが、実はまだ研究中の段階で、分かっているのは血液をサラサラにしてくれる効果があることだったりします。また、細胞膜を柔らかくする効果もあって、そうした影響が脳に作用するのかもしれません。

L-チロシン

チロシンはアミノ酸の一種でチーズや大豆に多く含まれていて、チーズの語源にもなっている成分です。ドーパミンを増やして眠気を覚まし、やる気を出させ集中力を発揮させる効果があります。やればさっさと終わらせられるのに、面倒だからと手を付けられないことって意外と多いと思います。そうした作業に向き合うときに飲んでおくと重い腰を上げやすくなるので、そうした作業の前によく飲んでいます。僕はエンジニアとしてIT系の試験を定期的に受けるようにしているのですが、そうした試験勉強をするのにかなり助けられています。

アルファGPC

アルファGPCは「コリン」と呼ばれるリン脂質の一種で、高血圧や動脈硬化を予防したり、記憶力を高めたりする効果があります。成長ホルモンの分泌を促進する働きもあって、それが脂肪を燃やしやすくして運動効果を高めてくれるとも言われています。また、研究中の段階ですが、アルツハイマー病の治療にも期待されていたりします。僕はチロシンと併用して集中力を上げたところに、記憶力向上効果を狙って飲んでいます。

DMAE

ジメチルアミノエタノールと呼ばれるアミノ酸の一種で、短期的には注意力や集中力の向上、気分の高揚といった効果があります。人によって効果を得られやすさに違いがあるようで、僕は飲むと頭がスッキリして集中できるのを実感しています。資料作りだったり、試験勉強といった短時間でサクッと終わらせたいことをするときは好んで飲んでいます。また、ニキビ跡や肌荒れを改善する効果があるとされており、美容液に含まれていたりもします。スマートドラッグとして飲んでいますが、肌の綺麗なちょいワル親父になれたらと密かに企んでいたりも(笑)

最後に

食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、バランスよく食べることができれば一番ですが、このご時世、中々できないのも現実です。そうしたアンバランスな食生活を少しでも整えるために、サプリメントは有効だと思います。
ただ、サプリメントも過剰に摂取しても効果は期待できませんので、摂取量は必ず守るようにしましょう。そして、年を取っても健康を維持し、ロードバイクを趣味に色々な場所を旅したいと思います。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク