日本一周自転車旅装備まとめ 自転車関連アイテム編

日本一周準備
スポンサーリンク

こんにちは。ノブです。

日本一周自転車旅が近づいてまいりました。そこで今回は、日本一周自転車旅の装備のうち、自転車関連アイテムをまとめてご紹介したいと思います。

リアキャリア

まずは自転車旅の装備を運ぶためのリアキャリア。TAIOGAを選んだのは、アルミで軽いのに耐荷重が20kgまであることです。

ダボ穴のないロードバイクにTIOGAリアキャリアを取り付ける方法とは?
ダボ穴のないロードバイクにどのようにしてリアキャリアを取り付けたらよいか。今回、TIOGAのリアキャリアにGIZA PRODUCTSのシートクランプとVIVAのクイックエンドアダプターを用いて取り付けてみました。

パニアバッグ

そして、キャンプ道具や着替え等の主要な荷物を入れておくパニアバッグ。完全防水で40Lも荷物を入れることができます。

40Lの大容量パニアバッグ ORTLIEB バックローラープラスをインプレ!
ロードバイクで日本一周するために必要な荷物を収納するパニアバッグに、40Lと大容量のORTLIEB(オルトリーブ)バックローラープラスを選びましたのでインプレしたいと思います。

リュック

当初はすべてをパニアバッグに入れていくつもりでしたが、ドイターのグラビティピッチも持っていきます。とは言え、背負うわけではなくリアキャリアの荷台に固定します。充電器などを入れておき、自転車を降りて移動する際にさっと持ち歩けるようにしようと思います。

390gの超軽量リュック ドイター グラビティピッチ12は自転車旅にもおすすめ
超軽量390gで長時間背負っても疲れにくく蒸れにくい、ロングライドや自転車旅に最適なバックパック、Deuter (ドイター) GRAVITY PITCH 12(グラビティピッチ12)のインプレです。

タイヤ

日本一周の生命線のタイヤはパナレーサーのグラベルキングです。高い耐パンク性を持つこのタイヤに期待しています。

サイクルコンピューター

サイコンは2つ。一つはGarminのスマートウォッチForeAthlete230j。そして、ロードバイクを始めた時に買ったCATEYEのPADRONE+です。ForeAthlete230jはGPSで1日の旅を記録する用途。PADRONE+は日本一周の総走行距離を確認するために用います。

サイクリストのGarmin デビューに ForeAthlete230J は最適だと思います
サイクルコンピュータとしてGarminのEdgeシリーズは有名ですが、高い。なので、初心者サイクリストのGarmin デビューに、 ランニングやライフログも記録できるスマートウォッチのForeAthlete 230J がコスパも良く、おすすめです。

ベル

ベルはknogを使っているので、そのまま流用です。ベルっぽくない形状が気に入っています。

フロントライト

フロントライトは2本。どちらも18650型充電池を使用するタイプです。今年の元旦オーバーナイトで使用したものをそのまま流用しています。日本一周自転車旅では夜間走行は控える予定ですので、トンネルでの視界確保が主な役割になるかと思います。

オーバーナイトライド 長時間の夜間走行に必要なロードバイクの装備とは?
200km超のロングライドでオーバーナイトライドした経験から夜間走行の装備を見直しました。ロードバイクのナイトライド装備の強化ポイントをビフォーアフターでご紹介します。
2019年新春初ライドは初日の出を見に犬吠埼へオーバナイト!
明けましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いいたします。去年に引き続き2019年も初日の出ライドへ出かけ、本州最東端の千葉県犬吠埼まで走ってきましたので、そのライドレポを公開します。

リアライト

リアライトはCATEYEのRapid3です。ロードバイクを始めて最初に買ったリアライトで、自動点灯機能がある便利な製品です。

ヘルメットの後部にもリアライトを取り付けています。

ヘルメット

ヘルメットはOGK KABUTOのTRANFIです。軽量でかぶった姿がマッシュルームのように見えにくいので重宝しています。

ボトル

これまで愛用してきたCAMELBAKのポディウムチルボトルをダブルボトルで夏場を乗り切ります。

アイウェア

御徒町のオードビーで購入した度付き調光アイウェアです。これがあれば視力の悪い僕でも長期の旅行は問題なし。

OAKLEYアイウェア HALF-JACKET2.0 度付き調光レンズをインプレ!
度付き調光レンズのアイウェアが欲しくて御徒町のオードビーさんで注文したOAKLEYのHalf2.0が納品されました。早速、インプレしたいと思います。

鍵は2種類携帯します。1つ目はワイヤーロック。

2つ目はABUSのチェーンロックです。テント泊などで目を離すときは2つを組み合わせて使用する予定です。

保険にGPS追跡にカギ沼 ロードバイクを初めて買ったときの盗難対策のお話
買ったばかりの新品ロードバイクの盗難が怖い。保険やGPSの追跡、それに自転車あるあるの一つ「カギ沼」にも一時期ハマりました。チェーンロック、U字ロック、ワイヤーロックの3品の紹介など僕が行ってきた自転車の盗難対策を公開します。

輪行袋

オーストリッチのL-100。ロードバイクを始めて1ヶ月ほどして購入したものを流用。離島への移動やトラブルで旅が続行できないときに使う、かも。

ツールボックス

いつも携帯しているR250のツールボックスも、これまで通りに活躍してもらいます。

修理道具の携帯におすすめ R250 ツールケース スリムロングタイプ のインプレ
ロードやクロスバイクといったスポーツ自転車でサイクリング中に起こるパンク修理などの厄介なトラブル。対応するためには、修理道具の携帯が欠かせません。コンパクトながら様々なツールを携帯可能な R250 ツールケース スリムロングタイプ のレビューです。

続いて、ツールボックスの中身もご紹介。まずは100均の六角レンチ、ホームセンターで買ってあった精密ドライバーとソケットレンチです。

続いてパンク修理関連。CO2ボンベとパッチ。

予備のチューブ2本。グラベルキングの26Cに対応したチューブを買いました。

ミッシングリンク用リムーバー兼タイヤレバー。チェーンカッター、予備のミッシングリンク。

マジックワン Magic Lever ミッシングリンク用リムーバー兼タイヤレバーのレビュー
サイクリング中のトラブルで多いのはパンクですが、チェーントラブルについては放置されがち。なら、パンク修理とチェーン修理のどちらにも役立つタイヤレバーがあったら? そんな一人二役を実現する Magic One Magic Leverのレビューです。
マジックワン Clever ChainBarrel 超小型のチェーンカッターのレビュー
超小型で超軽量。携帯ツールケースに入れても嵩張らない。サイクリング中のチェーントラブルにオススメのチェーンカッター Magic One の Clever ChainBarrel のレビュー記事です。

予備のブレーキシュー。

これらが一式、ツールボックスの中に収まっています。

重さはなんと760g。重いけど、これでパンク修理、チェーントラブル、ブレーキシュー交換、ガタつきの矯正が可能です。

その他 メンテナンス用品

メンテナンス用品はなるべく嵩張らないよう軽くすることを心掛けました。100均の薄手のクリーナークロス。チェーンクロス。フレーム用クロス。それとチェーンルブ、携帯ポンプ、空気圧計です。

電池の予備もいくつか。リアライトが主な使い道です。

携帯ポンプ

持っていくポンプはけっこう悩みました。ポンピングが軽いことで評判のマジックポンプです。

軽々7Barまで入るLANDCAST携帯ミニポンプとTNIゲージの組み合わせは最強! 
自転車旅では空気を入れる作業がとても手間。そんな空気入れ作業を楽々7Barまで充填することのできるマジックポンプ、LANDCAST携帯ミニポンプをご紹介します。このポンプとTNIケータイゲージの組み合わせは最強ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました